オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 飲食店で出る「おしぼり袋」「ストロー袋」などのゴミ、どうしておくのが親切?

飲食店で出る「おしぼり袋」「ストロー袋」などのゴミ、どうしておくのが親切?

「何もしないこと」も配慮になる

Q.逆に、すべきではないゴミのまとめ方はどのようなものでしょうか。

西出さん「ゴミを運びやすいからと、グラスの中にゴミを詰め込む方もいらっしゃるようですが、これは控えましょう。重要なのは『お店の人が片付けやすいように』との配慮。グラスの中からゴミを取り出す手間を増やすような行為はやめましょう。また、お皿を重ねてまとめるのも一長一短です。お皿を重ねることで、お皿の底に汚れが付いたり、器に傷をつける可能性もあるため、お店によっては『気持ちはありがたいが控えてほしい』と思われるケースもあります。『何もしないこと』が相手への配慮となることも。皆さんのお店の人に対する思いやりが本末転倒にならないためにも、TPPPOに応じて、マナーの形を臨機応変に変化させるとよいでしょう」

※「TPPPO」(Time=時、Place=場所、Person=人・相手、Position=立場、Occasion=場合)

(オトナンサー編集部)

1 2

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など国内外で70冊以上。最新刊「10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー」(青春出版社)が2018年5月19日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。

コメント