オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 医療
  • トイレが近すぎる! 「頻尿」の原因と対処法を徹底解説

トイレが近すぎる! 「頻尿」の原因と対処法を徹底解説

ともすれば放置してしまいがちな「頻尿」ですが、そこに深刻な原因が潜んでいることがあります。ここでは、頻尿の背後にあるさまざまな病気や不安時の対処法について、医師の先生と解説します。

「頻尿」を決して甘く見てはいけない

そもそも「頻尿」とは

「最近トイレが近くなった」と感じることはありませんか。また、トイレが近いことで旅行や外出に不安を覚えることはないでしょうか。

 医師の髙田女里さんによると、「トイレが近い」という体のサインには、実はさまざまな原因が隠れていることがあります。トイレの問題は、放っておいても自然に治ることはなく、症状は改善しないままですが、薬物療法や理学療法によって改善できます。

 人になかなか相談しにくいトイレの話。しかし、自覚症状としては発見しやすいトイレの習慣。自分のトイレ習慣に少しでも異変を感じたら、自分に合った方法ですぐに対処することが大切です。

頻尿の目安は「1日8回以上」

 そもそも「頻尿」とは排尿回数が多く、頻繁にトイレに行くことで、その原因は多岐にわたります。

 一般には、1日8回以上排尿することが頻尿の目安とされていますが、日本泌尿器科学会によると、トイレに行く回数が8回未満でも「尿意を感じる回数が多い」と本人が感じれば頻尿であると定義されます。頻尿は、トイレに行く回数が多いため、1回あたりの尿量が少なくなるのが特徴です(糖尿病などが原因の場合、尿量は少なくない)。

 また通常、夜間は排尿抑制が効いているため、「トイレに行きたい」と目が覚めることはほとんどありません。しかし、夜間に尿意で目が覚め、2回以上トイレに行く状態も頻尿といえます。回数だけでなく、日中や夜間の尿意、本人にとって問題となるような尿意があれば頻尿という病気であることを疑うべきです。

 尿意は通常、膀胱(ぼうこう)に尿が150~200ミリリットルたまると感じ始めます。何らかの理由でトイレに行くことができず、もらしてしまう寸前では350~600ミリリットルもの尿がたまっています。その働きに問題がなければ、膀胱はどれだけ尿意を感じても収縮することなく、尿が漏れてしまうこともありません。しかし、頻尿には「膀胱に尿をためられない」「何回もトイレに行かないと漏らしてしまう」などの症状があるのです。

1 2 3 4

髙田女里(たかだ・めり)

医師(形成外科)・医学博士(法医学)

1980年8月15日生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科の憲法ゼミで学んだ後、医師を目指して秋田大学医学部へ学士編入。医師免許取得後、2年間研修医として各科を回り、その後、法医学分野の博士号を取得した。日本形成外科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会認定産業医。