オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

大人になってから、足の「小指の爪」が小さくなるのはなぜ? 治療はすべき?

大人になって、足の小指の爪が以前よりも小さくなったと感じる人がいます。なぜ、足の小指の爪が小さくなることがあるのでしょうか。形成外科医に聞きました。

小指の爪が小さくなるのはなぜ?
小指の爪が小さくなるのはなぜ?

 ふと、足の小指の爪を見たとき、以前よりも爪が小さくなったと感じたことはないでしょうか。ネット上にも「大人になってから足の小指の爪が小さくなり、爪を切りにくくなった」という声が見られます。体の成長に伴って足が大きくなり、爪も大きくなることはあり得ると思いますが、逆に爪が小さくなると、何らかの病気ではないかと心配になります。なぜ、大人になって、足の小指の爪が小さくなることがあるのでしょうか。形成外科医の高田女里さんに聞きました。

小さな靴による圧迫など

Q.大人になって、足の小指の爪が小さくなることがあるのはなぜでしょうか。

高田さん「原因としては幾つかあります。例えば、(1)小さな靴を履くことによる圧迫で小指が親指側に曲がり、くの字状に変形する内反小趾(しょうし)が起きている(2)自分の足よりもサイズが大きい靴を履くことにより、靴の中で足がずれて小指にダメージを与えている(3)爪を切り過ぎて深爪になっている(4)ビタミンやタンパク質などの栄養が不足している(5)歩くときのバランスがよくない(6)水虫になっている――などが挙げられます」

Q.どのような人が大人になってから、足の小指の爪が小さくなりやすいのでしょうか。

高田さん「ハイヒールや爪先のとがった靴を履く人、逆に、自分の足に合わない大きなサイズの靴を履くことにより、靴の中で足がずれてしまい、地面からの圧を足の指がしっかりと受けられない人も足の小指の爪が小さくなります。なぜなら、足は歩いたときに地面からの圧を均等に受けることで爪が真っすぐ生えるからです。そのため例えば、寝たきりの人やその他の理由で歩行が困難な人は小指の爪が小さくなっていることがあります」

Q.足の小指の爪が小さくなったことに気付いても、特に痛みなどの自覚症状がなければ、そのままにしておいて大丈夫なのでしょうか。あるいは治療、矯正した方がよいのでしょうか。

高田さん「小指の爪が小さくなってしまう原因は先述したように、よくないことばかりなので、無症状であっても放置はよくありません。靴のサイズを見直すことや歩き方を改善すること、深爪になりがちな爪切りの使用をやめて、横方向にやすりをかけるなどの必要があります。

ちなみに、爪が割れたり、巻いていたり、あるいは痛みが出たり、炎症が起きたりしているようであれば、治療や矯正が必要になります。形成外科や皮膚科、爪専門のクリニックの受診をおすすめします。ただし、短すぎる爪は治療が難しいので、ある程度伸ばしてから治療することになります」

Q.自然に、足の小指の大きさに比例した爪の大きさに戻ることはないのでしょうか。

高田さん「小指の爪が小さくなって何もしなければ、爪はずっと小さいままでしょう。自然に元の大きさに戻ることはまずないと考えられます」

Q.足の小指の爪を小指の大きさに比例した大きさに戻す方法について、もう少し詳しく教えてください。

高田さん「まずは靴のサイズや種類を見直し、小指にも地面からの圧が均等にかかるような歩き方に改善することです。靴では、足指が圧迫されないげたが一番よいといわれています。その他にも、5本指ソックスを履いて内反小趾を防ぐ、保湿をしっかりする、血流をよくするためにマッサージをする、水虫などが起きないよう清潔に保つ、甘皮(爪の根元を覆う柔らかい皮膚)を正しく処理するなどの対策で、きれいな足の小指の爪が生えてくる可能性が高くなります」

(オトナンサー編集部)

髙田女里(たかだ・めり)

医師(形成外科)・医学博士(法医学)

1980年8月15日生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科の憲法ゼミで学んだ後、医師を目指して秋田大学医学部へ学士編入。医師免許取得後、2年間研修医として各科を回り、その後、法医学分野の博士号を取得した。日本形成外科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会認定産業医。

コメント