オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

トイレが近い、排尿時に痛み…多くの女性が悩む「膀胱炎」の原因と対処法

女性に多いとされる膀胱炎。一度かかると、繰り返し同じ症状が現れるケースも少なくないようです。その対処法とは。

膀胱炎の原因や対処法とは?
膀胱炎の原因や対処法とは?

 トイレが異常に近くなる、排尿時に痛みを感じる――。こうした「膀胱(ぼうこう)炎」の症状に悩まされた経験のある女性も多いのではないでしょうか。膀胱炎は、一度かかると繰り返し同じ症状が現れるケースも少なくないようですが、ネット上では「原因がよく分からない」「繰り返し発症するのがつらい」「女性に多いのはなぜ」などの声が上がっています。

 女性を悩ませる膀胱炎に関する疑問について、医師の尾西芳子さんに聞きました。

女性の方が細菌が侵入しやすい

Q.膀胱炎の症状について教えてください。

尾西さん「よく見られるのが、細菌感染によって起こる『細菌性膀胱炎』で、頻尿や排尿痛などが急性の症状として見られます。抗生剤による治療でも症状が回復せず、長く続く場合は『間質性膀胱炎』の可能性があります。

間質性膀胱炎は、尿検査では異常が見られず、頻尿や膀胱の痛みが続きます。原因ははっきり分かっていませんが、膀胱の粘膜のバリアー機能が落ちることで、痛みや頻尿を起こすと考えられています。また、主に性行為で感染するクラミジアや淋菌が原因の膀胱炎もあります」

Q.膀胱炎は、男性より女性の方が多く発症しているイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

尾西さん「事実です。女性は男性と比べ、尿道口から膀胱までの距離が短く、細菌が外部から侵入しやすいため、細菌性膀胱炎の発症が多くなっています。一方、男性は陰茎が長いため、細菌がなかなか膀胱へたどり着けません。

月経の前後、外陰部は雑菌が繁殖しやすく、膣と尿道口が近いため、尿道口から雑菌が入って膀胱炎を引き起こしやすくなります。一方、性感染症であるクラミジアや淋菌による膀胱炎の場合、女性は症状が出にくく、男性が尿道炎や膀胱炎の症状によって気付くことも少なくありません。パートナーに症状が出た場合は早めに検査を受けましょう」

Q.膀胱炎を繰り返し発症しやすい人の特徴はありますか。

尾西さん「通常の細菌性膀胱炎の場合、仕事中などにトイレを我慢する人や、水分をあまり取らない人はリスクが高くなります。妊娠中や風邪、インフルエンザなどで免疫力が弱まっているときや、ステロイドなど免疫を抑制する薬を内服している人も感染しやすくなります。一方、間質性膀胱炎は中高年女性に多く見られますが、男性や子どもでも発症します。

また、膀胱炎と似た症状に『過活動膀胱』があり、特に閉経後の女性に多く見られます。男性の場合は前立腺肥大症によって頻尿になっていることもあるため、何度も繰り返す場合や治らない場合は専門医(泌尿器科)を受診しましょう」

Q.膀胱炎を自力で治すことは可能ですか。

尾西さん「細菌性膀胱炎の軽度のものであれば、しっかり水分を取って排尿することで治ります。カフェインを含むコーヒーや緑茶は利尿作用があるので試してみるとよいでしょう。2~3日で軽快しない場合や症状が徐々に悪化する場合は、早めに病院を受診しましょう」

Q.医療機関での膀胱炎の治療方法を教えてください。

尾西さん「通常の細菌性膀胱炎の場合、抗生物質の内服による治療を行います。繰り返す場合は漢方薬を使用することもありますが、頻繁に膀胱炎を繰り返したり、治らなかったりする場合は、間質性膀胱炎になっている可能性があります。

間質性膀胱炎の場合、専門医(泌尿器科)による治療が必要になります。内視鏡や膀胱鏡による治療を行いますが、その際は、鎮痛薬、抗うつ薬、免疫抑制剤の内服を見合わせます。間質性膀胱炎の治療は難渋することもあります」

Q.膀胱炎を予防する方法や、日常生活における注意点はありますか。

尾西さん「まず、しっかり水分を取ってたくさん排尿すること。そして尿を我慢しないことです。トウガラシやコショウなどの刺激物も控えてください。また、肛門の菌が尿道に入るのを防ぐため、お尻を拭くときは前から後ろに拭きましょう。これを心掛けるだけで、治りかけの膀胱炎であれば、病院に行かずともそのまま治ってしまうこともあります」

(オトナンサー編集部)

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は高輪台レディースクリニック副医院長。「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性のすべての悩みに答えられるかかりつけ医を目指している。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント