• HOME
  • 自分だけの一本を! 正しい「包丁選び」のための基礎知識

自分だけの一本を! 正しい「包丁選び」のための基礎知識

毎日の料理に欠かせない「包丁」ですがその種類は実にさまざま。数ある包丁の中から、用途などに合った「自分だけの一本」を正しく見つけるのは至難の業と言えるでしょう。ここでは、包丁選びの参考になる基礎知識をお届けします。

「自分だけの一本」を見つけるには

「和包丁」と「洋包丁」の違い

 私たちが普段使っている包丁は、ほとんどが洋包丁か、洋包丁に似た作りの包丁です。「日本人なのに和包丁じゃないの」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、和包丁は一般家庭では少し扱いにくい包丁なのです。

 料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんによると、包丁は「和」「洋」「中」と大きく3系統に分かれますが、和包丁は特殊で、日本刀と同じ発想で作られたもの。和包丁は一つの食材や料理に特化することで、それ以外の包丁にない使いやすさを実現しています。たとえば、刺身に特化した「刺身包丁」、野菜用の「菜切り包丁」など。伝統的な和包丁には「これ一本あれば何でもこなせる万能包丁」というものがないのです。

 現在、一般家庭で使われている包丁は、肉食が普及し始めた戦後に和包丁から進化した「三徳包丁」というハイブリッド包丁です。

和包丁は基本的に片刃

 代表的な和包丁は「薄刃」「出刃」「刺身」「菜切り」ですが、これらの包丁は片面しか切れない「片刃包丁」。慣れると効率的に切れますが、プロではない私たちがいきなり片刃包丁を使うとまっすぐ切れずに戸惑ってしまいます。片刃なので当然、右利き用と左利き用が存在します。

 私たちが家庭で使っている三徳包丁は洋包丁の特徴でもある「両刃」で、どちらの面でも切ることができます。

1 2 3 4 5 6

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。