オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

独身者が言う「結婚はコスパが悪い」は本当か アラフォー世代が語る結婚

背負うからこそ発揮できる力

 最後に、すでに子育てを終えたCさん(59歳、男性)の「結婚とコスパ」についての考えを紹介します。

「この年になるともう、主人公が自分ではなくなります。自分の子どもや会社の部下が育つにつれて、彼ら中心の考え方に少しずつシフトしていきます。私の人生の主人公は、そうした若い人たちが取って代わりましたが、この考え方は私にとってごく自然で、嫌なものではまったくないです。

結婚も子どもも、私が主人公として好きに振る舞うためには、ある意味荷物になるものですが、何かを背負って不自由ながらも戦う主人公像だってアリだと思いますし、背負っているからこそ、発揮できる力もあるわけで。『結婚はコスパが悪いが、そんなに悪いものではない』といったところでしょうか」(Cさん)

 3人の思いを聞いていただきました。読者の中には「結婚も独身も等しく尊重されるべきだ。他人にとやかく言われたくない」と思われる人、「結婚をコスパで考えるべきじゃない」という意見の人もおられるでしょう。

「コスパ」という物差しを使うかどうかは別として、既婚者の視点で見た「結婚生活の良しあし」の一端は見えたのではないでしょうか。

(フリーライター 武藤弘樹)

1 2

武藤弘樹(むとう・こうき)

フリーライター

早稲田大学第一文学部卒。広告代理店社員、トラック運転手、築地市場内の魚介類卸売店勤務などさまざまな職歴を重ね、現在はライターとミュージシャンとして活動。1児の父で、溺愛しすぎている飼い猫とは、ほぼ共依存の関係にあるが本来は犬派。趣味はゲームと人間観察。

geetara610@gmail.com

コメント