オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

義母にダメ出しされ続けた43歳女性、オンライン帰省で一言も話さない解放感

毎週末、長電話の悪夢

 一方、「オンライン帰省で楽をしようと思ったのに、失敗しました」とぼやいていたのは、夫婦2人暮らしの亜香里さん(仮名、33歳)。

「毎年、北海道の夫の実家に帰省するたびに『孫の顔が見たい』とねちねち言われてつらかったのですが、今年のお盆はオンラインを使えば帰省しなくて済むと思って、ウキウキしていました」

 そんな亜香里さんの喜びに水を差したのが、夫です。

「ゴールデンウイーク中に、夫が『今年のお盆はオンライン帰省にするね』と実家に電話をしているのを聞いて、やったー!と思っていたら、夫がLINEを義母に教えちゃったんです。しかも、テキストチャットだけでなく、ビデオ通話も! これが不幸の始まりでした」と口をとがらせた亜香里さん。

 今までは「通話はお金がかかるから」と、自分から電話をかけてこなかったお姑(しゅうとめ)さんが、LINEの無料通話を知って豹変(ひょうへん)。「無料ならどんどん使わなきゃ!」と頻繁にLINE電話をかけてくるようになってしまったそうです。

「オンライン帰省で疎遠になるどころか、毎週末、LINE電話がかかってきて長時間の対応。かえって面倒なことになっちゃいました。LINEじゃなくて、もっと使い方の難しいアプリを教えればよかったのに…と夫を恨む毎日です」

 あらゆるものがデジタル化されていくにつれ、人と人との距離感も変わっていきます。オンライン帰省になったことで、距離が離れた人がいる一方、逆に近づいた人もいる…距離感は使うツールや親たちのITスキルによって、さまざまなようです。

 これからも、親世代と程よい距離を保ち、平和な関係を維持するには、リアルな訪問やオンライン帰省の他、メールやチャット、ファクスや電話、時には手書きの手紙など、いろんなコミュニケーションツールを上手に使いこなすことが必要になっていくでしょう。

 快適な“お姑ディスタンス”は、お互いの相性によってさまざまです。べったりし過ぎず、スルーは避け、ITツールを駆使しながら、いいあんばいを見つけていきましょう。そして、「孫と話したい」はほとんどのお姑さんの願いです。われわれが姑世代になったときのことも想像してください。孫が寄り付かない状況は寂しいものです。

 そんな気持ちもくみながら、オンラインで義父母に会うときは、にっこり笑顔も忘れずに。オンライン帰省を“義務”と捉えずに愛を込めれば、アフターコロナにいい関係が築けると思います。

(「恋人・夫婦仲相談所」所長 三松真由美)

1 2

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、公式note(https://note.com/suzune_16)。

コメント

2件のコメント

  1. 義実家は車で20分くらいの近距離。
    新婚時代からアポ無し訪問が頻繁だったストレスもあり、子無し。
    アラフィフの今、過干渉な義母とは距離を取って関わらないようにしています。
    コロナが流行してからは、すっかり没交渉。もう、このままでいいです。

  2. 電話、無料通話なんて応答しなければいいだけ。あとでなんかあっても「取れませんでした」で充分