• HOME
  • そうだったのか! 「牛乳」の6タイプはここが違う

そうだったのか! 「牛乳」の6タイプはここが違う

普段何気なく飲んでいる「牛乳」ですが、実は、食品表示に記されている名称によってさまざまな種類に分かれます。ここではその違いについて勉強しましょう。

ひと口に「牛乳」と言っても種類はさまざま

 スーパーやコンビニで目にする、パック入りの「牛乳」。そのパッケージに明記された食品表示には「種類別名称」という項目があり、製品によって「成分調整牛乳」「加工乳」などと名称が異なります。

 それぞれには一体、どのような違いがあるのでしょうか。オトナンサー編集部では、一般社団法人日本乳業協会企画・広報部長の難波和美さんに聞きました。

大きく6つのタイプに分類される

 難波さんによると、スーパーなどの店頭に並ぶ牛乳製品は一般に「牛乳類」と呼ばれ、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」に基づき、成分や乳脂肪率の違いによって、大きく6つのタイプに分類されます。

「牛乳」は、直接飲用する目的で販売する牛の乳のことです。使用できるのは生乳(牛から絞ったままの乳)のみで、水やその他の原材料を混ぜることはできません。さらに、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上であることが条件です。

「成分調整牛乳」は、生乳から水分や乳脂肪分、ミネラルなどの成分の一部を除去したもので、無脂乳固形分は8.0%以上が条件です。

「低脂肪牛乳」は、生乳から乳脂肪分などを一部減らし、0.5%以上1.5%以下にしたものを指します。

「無脂肪牛乳」は、生乳から乳脂肪分などを一部減らし、0.5%未満にしたものです。

 つまり、「牛乳」という表記のあるものは、すべて生乳100%で作られています。

1 2