オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

大型店苦戦の一方…町の「電器屋」「駄菓子屋」が生き残れる理由

家電量販店や大手スーパーマーケットが苦戦する中、地域に根差して営業を続ける電器店や駄菓子店があります。なぜ、生き残ることができるのでしょうか。

小さな駄菓子店や電器店が生き残れる理由は?
小さな駄菓子店や電器店が生き残れる理由は?

 消費増税やネット通販の普及による価格競争などで、大手家電量販店やスーパーマーケットが苦戦を強いられています。店舗によっては、キャッシュレス決済サービスを拡充したり、弁当や総菜などの持ち帰り商品を充実したりするなど対策を強化していますが、一方で、都市部では現在も地域に根差して営業を続ける電器店や駄菓子店があります。

 競争が激化する中で、なぜ生き残ることができるのでしょうか。経営コンサルタントの大庭真一郎さんに聞きました。

充実のフォローでリピートにつなげる

Q.首都圏では、地域の電器店や駄菓子店が今も営業を続けています。大手量販店でさえ苦戦する中、なぜ営業を続けることができるのでしょうか。

大庭さん「地域の電器店は、価格や品ぞろえについては大手量販店にかないません。同様に、地域の駄菓子店も商品の目新しさや利便性に関しては、大手スーパーやコンビニにはかないません。しかし、それでも生き残れるのは、ライバルとは異なる部分で勝負をしているからです。

例えば、地域の電器店はアフターフォローが充実しており、購入した家電の設定や古くなった家電の修理などの顧客サポートを積極的に行っています。そうすることで顧客との関係強化を図ることができ、リピート購入へとつながっています。

地域の駄菓子店に関しても、店に立ち寄る子どもたちが喜ぶような雑貨やカプセルトイを設置することで、駄菓子販売の薄利をカバーする収益源を確保するとともに、主な顧客である子どもたちとの関係強化を図っています。そうすることで、学校のイベントや地域の祭りの際、駄菓子などの商品を提供できる環境を生み出しています」

Q.それでは、地域の電器店や駄菓子店の強みとは。

大庭さん「最大の強みは小回りが利くこと、つまり、顧客との接点を自らつくりに行けることです。地域の電器店は定期的に購入者の家を訪問し、家電に関する相談に乗り、あるいはちょっとしたメンテナンスなどを行い、顧客との結びつきを強くすることで固定客化させることができます。

駄菓子店の場合も、来店する子どもたちとの関係強化を図ることで店が子どもたちのコミュニティーの場となり、商品販売の安定化や、学校のイベントや地域の祭りへの商品提供など関連需要を開拓することができます。これらの対応は大型店舗やチェーン店にとっては効率が悪く、まねをすることが難しいです」

Q.地域の電器店はどのような人が利用するのでしょうか。

大庭さん「地域の電器店の客層は高齢者が多いです。高齢者の『街の中心部の家電量販店に買いに行くことを苦労だと感じる』『ネットで家電を購入するという発想がない』『多少割高であっても購入後のサポートが充実していることを好む』などの特徴が、地域の電器店に対するニーズとマッチするからです。

また、地域の駄菓子店の主な顧客は地域の子どもたちですが、近年は街の中心部にある駄菓子店を中心として、昔を懐かしむ大人や、日本の文化を楽しむ外国人による購買も増えています」

Q.経営を続けている店もありますが、全体的には小型店舗は減少傾向にあると思います。小型電器店と駄菓子店の近年の傾向は。

大庭さん「小規模電器店や小規模菓子販売店も経営環境が厳しいようです。国が実施した商業統計調査によると、従業員数4人以下の電器店の全国事業所数は、2007年度は3万1211でしたが、2014年度は2万1665と31%減少しているほか、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)における事業所数も、同じ期間に5458から3753へと31%減少しています。

また、従業員数4人以下の菓子販売店(製造小売りではない店)の全国事業所数も、1万5865から9942と37%減少しており、首都圏(同)における事業所数も、3185から2240と30%減少しています」

1 2

大庭真一郎(おおば・しんいちろう)

中小企業診断士、社会保険労務士

東京都出身。東京理科大学卒業後、企業勤務を経て、1995年4月に大庭経営労務相談所を設立。「支援企業のペースで共に行動を」をモットーに、関西地区を中心に企業に対する経営支援業務を展開。支援実績多数。以下のポリシーを持って、中堅・中小企業に対する支援を行っている。(1)相談企業の実情、特性に配慮した上で、相談企業のペースで改革を進めること(2)相談企業が主体的に実践できる環境をつくりながら、改革を進めること(3)従業員の理解や協力を得られるように改革を進めること(4)相談企業に対して、理論より行動重視という考えに基づき、レスポンスを早めること。大庭経営労務相談所(https://ooba-keieiroumu.jimdo.com/)。

コメント