• HOME
  • マナー
  • 新生活を円滑にスタートさせる「引っ越しのあいさつ」

新生活を円滑にスタートさせる「引っ越しのあいさつ」

入学や入社、転勤のシーズンですね。新生活に向けて、引っ越しを予定している人も多いことでしょう。引っ越し後の新生活といえば、ご近所さんへの「あいさつ」からスタートしますが、その際に注意すべきことは何でしょうか。

ご近所さんへのあいさつのポイントとは

 来月4月は「入学」「入社」「転勤」のシーズン。引っ越しする予定の人も多いことと思います。しかし、新居がマンションやアパートなどの場合、心配なのがご近所トラブル。そうした事態を防ぐためにも、お隣さんなどへのあいさつは欠かせません。

 オトナンサー編集部では、マナー研修やマナーコンサルティングを行い、日常生活のマナーに詳しいマナーコンサルタントの川道映里さんに、あいさつの方法を聞きました。

持参品には「入浴剤」がオススメ

 まず新しい家に引っ越したら、ご近所の方とお互いを知り合うために「はじめまして」のあいさつ回りをします。マンションの場合は大家さんと、自室の左右・向かい側の住人のほか、騒音の懸念もあるため、上下の住人にもあいさつすると安心です。

 一戸建ての場合は、両隣と向かい側の3軒を回ります。適度な距離感を保ちつつ、どんな人が住んでいるかを把握してもらうことで、防犯対策につながります。災害など非常時に関する話もあるため、引っ越してすぐ行くようにします。

 川道さんによると、持参品は500~1000円程度のものでオーケーですが、品物にひと言、メッセージを添えることで丁寧な印象を与えられます。品物としては、石けんやお菓子、タオルが定番ですが、「消えるもの」「ポストに入れられるもの」がよいとのこと。「オススメは入浴剤です。男女や年齢を問わず、消費期限を気にする必要もありません。留守の場合、ポストに投函できるメリットもあります」。その後、偶然会ってしまったら「失礼とは思いましたが、ポストに入れさせていただきました」と伝えます。

 マンションの大家さんには、1500~2000円ほどの菓子折りがオススメだそう。ただし、「金額よりも大切なのは、自筆メッセージを添えて手渡しすること。このひと手間が、その後の生活を円滑に進めるためのコツです」(川道さん)。

1 2

川道映里(かわみち・えり)

マナーコンサルタント・マナー講師

一般社団法人マナー教育推進協会理事。ファストマナースクール西日本エリア長。銀行に就職後、結婚を機に退職。子育て中にマナーの大切さを知り、マナーコンサルタントの西出ひろ子に師事。企業や学校などで人財育成、マナー研修、マナーコンサルティングなどを行う。真心マナーを伝え、結果を出せるマナー講師の養成も行う。また日本最大級のカルチャーセンターでは、冠婚葬祭マナーやキッズマナーなどの日常生活のマナー講座も担当。食事をしながらテーブルマナーを習得する講座も人気。徳島を拠点に全国で活躍中。ファストマナースクール(http://www.fastmanner.com)、ウイズ株式会社(http://www.withltd.com)。