• HOME
  • マナー
  • 「新築祝い」のマナーを徹底解説! 相場・品物選び・手紙の書き方

「新築祝い」のマナーを徹底解説! 相場・品物選び・手紙の書き方

大切な家族や普段お世話になっている同僚が家を新築――。そんな記念すべき人生の節目にふさわしい「新築祝い」とはどのようなものでしょうか。ここでは、相手別の相場や品物選びなどについて解説します。

相手に喜んでもらえる「新築祝い」とは

新築祝いのタイミングと注意点

 誰かにお祝いを贈るシーンがありますが、年齢を重ねるにつれて増えてくるのが「新築祝い」。家の新築は、その人にとって一生にそう何度もあることではないため、相手が喜ぶ新築祝いを正しいマナーで贈りたいものです。新築祝いのマナーやふさわしい品物選びについて、徳島を拠点に全国の企業や行政機関、学校でビジネスマナー研修やコンサルティング、マナー指導を行い、日常生活のマナーにも詳しい四国初のマナーコンサルタント、川道映里さんに聞きました。

 まず、重要なのは新築祝いを贈るタイミングです。引っ越し早々は相手もバタバタしていて落ち着きません。そこで、引っ越しから1週間後を目安に、遅くとも1カ月以内に贈るようにします。新築披露に招待された場合は、訪問時に直接渡してもオーケー。新築祝いのリクエストなどを聞ける場合には、欲しいものを贈ると喜ばれます。

【現金を贈る時の注意点】

 現金は好みを問わないため、新築祝いに現金を選ぶ人は多いかもしれませんが、注意したいポイントもあります。

・熨斗(のし)の選び方と表書き

 結婚式や快気祝いのように「何度もあってはいけないこと」は結び切りの水引が付いた熨斗を使いますが、新築祝いは何度繰り返してもよいお祝いであることから、熨斗紙は紅白の「蝶結び」を用意します。表書きは「祝御新築」「御新築御祝」など。新築マンションを購入した場合は「新居御祝」などにします。

・中古住宅は「御引越御祝」

 新築ではなく中古住宅や中古マンションを購入した場合、「祝御新築」などの表書きではマナー違反になるため「御引越御祝」とします。また、賃貸から賃貸への引っ越しは、持ち家とは意味合いが違ってくるため「御餞別」などとする場合も。最近は、中古住宅を購入し、リノベーション工事をして新築のようにする人も増えていますが、このような場合は「御祝」が正解です。

1 2 3 4 5

川道映里(かわみち・えり)

マナーコンサルタント・マナー講師

一般社団法人マナー教育推進協会理事。ファストマナースクール西日本エリア長。銀行に就職後、結婚を機に退職。子育て中にマナーの大切さを知り、マナーコンサルタントの西出ひろ子に師事。企業や学校などで人財育成、マナー研修、マナーコンサルティングなどを行う。真心マナーを伝え、結果を出せるマナー講師の養成も行う。また日本最大級のカルチャーセンターでは、冠婚葬祭マナーやキッズマナーなどの日常生活のマナー講座も担当。食事をしながらテーブルマナーを習得する講座も人気。徳島を拠点に全国で活躍中。ファストマナースクール(http://www.fastmanner.com)、ウイズ株式会社(http://www.withltd.com)。