• HOME
  • マナー
  • あいさつをワンランク上に! お辞儀が美しくなる「手」のマナー

あいさつをワンランク上に! お辞儀が美しくなる「手」のマナー

あいさつといえば、人はその言葉にばかり気が向きがちですが、お辞儀をする時の「手」も大切な要素です。正しい手の位置をマスターして、ワンランク上のスマートなあいさつを目指しましょう。

お辞儀する際の正しい手の位置とは

 その人の第一印象を決めるといっても過言ではない「あいさつ」。しかし、あいさつの言葉は何となく思い浮かぶものの、お辞儀をする際の「手の位置」にまで注意が行き届く人は少ないかもしれません。

 オトナンサー編集部では、NHK大河ドラマをはじめドラマや映画のマナー指導を務め、28万部の著書「お仕事のマナーとコツ」などがある、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんに、相手に頭を下げる際の正しい手の位置(男女別)を聞きました。

右手を覆う=「攻撃しません」

【男性の場合】

 まずは太ももの横に手を置いて、お辞儀と同時に、手が自然と膝の方に流れていくのが理想です。この時、ズボンの脇の縫い目に人差し指をそわすと胸が張り、堂々と自信ある姿に見えます。

 ちなみに、男性が前で手を組む場合は、グーに握った右手を左手で覆うようにします。多くの人の利き手である右拳を覆うことは「あなたを攻撃しません」というメッセージを意味します。

【女性の場合】

 手を組んでお辞儀をする場合、拳は作らずに、左右どちらかの手の甲が上になるようにします。左右どちらが上でも構いません。ただ流派や考え方によって型は異なります。

 また手を組む位置についてはさまざまな意見がありますが、サービス業の人は鳩尾(みぞおち)付近やおへそ周辺が多いとのこと。自然に見せるには、手を上に持っていかずに、少し美しく見せるには脇を卵1個分ほど開くとよいそうです。

「男性の場合は両足のかかとをつけて、つま先を握りこぶし1~1個半分ほど開き、女性の場合は、かかととつま先をきれいにそろえると礼節ある美しい立ち方になります」(西出さん)

1 2

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、相互をプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)、「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)、「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)など国内外で70冊以上。最新刊「運のいい人のマナー」(清流出版)が2017年2月21日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。