オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 突然死と余命宣告、あなたの理想の「死に方」は?

突然死と余命宣告、あなたの理想の「死に方」は?

「心臓発作で突然死ぬ」「ガンで時間をかけながら人生を終える」――。あなたはどちらの“死に方”を望みますか。今回は自分、そして家族の死について考えます。

「死」は誰しもに訪れる

「心臓発作で、ある日突然人生が終わる」「ガンになり、残された時間を感じながら人生の幕を閉じる」――。

 生命保険の仕事をしていると、普通の方より「人の死」に接することが多いのですが、人間の「亡くなり方」には大きく分けて「突然型」と「余命認識型」の2つがあります。自分の意思でどちらかを選ぶことは当然できませんが、「死」についての議論において、「自分だったらどうしよう」と考えてしまうことは、自然なことかもしれません。

年間死亡者の3割は突然型?

 それでは「突然型」と「余命認識型」の実際の割合はどのようなものでしょうか。厚生労働省のデータをひも解いてみましょう。2015(平成27)年の日本国内の死亡者数は129万444人で主な死因は以下の通りです(「平成27年人口動態統計の概況」より抜粋)。

 あくまで傾向ではありますが、1位の「悪性新生物」、3位の「肺炎」、5位の「老衰」、7位の「腎不全」などは余命認識型、2位の「心疾患」、4位の「脳血管疾患」、6位の「不慮の事故」、9位の「大動脈溜及び解離」などは突然型に分類できるでしょう。後者の合計は約36万人。そのすべてが突然死ではないにせよ、全体の3割前後が突然型であると推測されます。

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。