オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

憂鬱な梅雨でも…相手の「好きな色」を知ればモチベーションを高めることができる

暖色系は「牽引志向」、寒色系は「調和志向」

「赤色」「桃色」「茶色」の暖色系を選びやすい人は「牽引志向」、「黒色」「青色」「緑色」の寒色系を選びやすい人は「調和志向」という顕著な結果が出ました。赤色や桃色を選んだ人は全て「牽引志向」で、「調和志向」の人で赤色や桃色を選んだ人はいませんでした。青を選んだ人の8割、緑、黒を選んだ人の7割は「調和志向」の人でした。

 ということは、暖色系を好む人に対しては、「牽引志向」の目標達成、自律裁量、地位権限に関する話題やフレーズを組み込んで話をすると、相手のモチベーションが上がりやすくなるのです。寒色系を好む人には、「調和志向」の他者協調、安定保障、公私調和にちなんだキーワードを入れて話すと、相手の意欲が高まるわけです。

 季節の変わり目に、ある人の洋服のカラーコーディネートがいつもと違うなと思ったら、その人の「モチベーションファクター」が表れている可能性が実は高いのです。

(モチベーションファクター代表取締役 山口博)

1 2

山口博(やまぐち・ひろし)

モチベーションファクター代表取締役

長野県上田市出身。慶応義塾大学法学部卒業。国内外金融・IT・製造企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て現職。モチベーションファクター(R)(意欲を高める要素)をてこにした分解スキル反復演習(R)型能力開発プログラムを開発、展開しているグローバルトレーニングトレーナー。横浜国立大学大学院非常勤講師。主な著書に「ビジネススキル急上昇日めくりドリル」(http://amzn.asia/d/cwWsVkE)、「チームを動かすファシリテーションのドリル」(単行本=http://amzn.asia/d/6ZPWVaC、新書=http://amzn.asia/d/hRTRrvn)、「99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100」(http://amzn.asia/d/8z6NmSl)。

コメント