オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

小室圭さんで話題の米国弁護士、中でもニューヨーク州弁護士はエリートで高収入!

小室圭さんの留学で注目を集める米国弁護士ですが、米国では日本と異なり、弁護士資格は州ごとに存在します。その違いとは、どのようなものでしょうか。

米国に出発する小室圭さん(2018年8月、時事)
米国に出発する小室圭さん(2018年8月、時事)

 小室圭さんが留学した米ニューヨークのフォーダム大学はイエズス会系の名門私立大学として知られています。米国では、州ごとに法律が異なりますが、弁護士資格についても同様で資格は州ごとにあります。州ごとの違いとは、どのようなものでしょうか。

 今回は、ニューヨーク州弁護士のリッキー徳永(徳永怜一)さんに、米国弁護士の州ごとの違いについて伺います。徳永さんは日本の大学を卒業後、単身渡米し、ルイジアナ州ニューオリンズのTulane University Law School(LLM)に留学。ニューヨークに拠点を移して法律事務所で7年間勤務し、米国の現地企業や日系企業に対する法的助言や契約書などの作成を担当しました。現在は外資系IT企業に勤務しています。

NY州弁護士とカリフォルニア州弁護士の違い

 米国は州ごとに法律が異なります。弁護士資格についても同様で、資格は州ごとにあります。逆に、その州でしか資格の効力はなく、米国の弁護士は通常、1つの州の資格だけで活動しています。日本の弁護士は全国どこでも活動ができるので、あまりなじみのないシステムかもしれません。

「私の資格もニューヨーク州だけですが、それで十分です。実際には、複数の州の資格を持っている弁護士もいますが、多くて3つの州です。日本人が米ロースクールに留学して弁護士になるとすると、圧倒的に多いのが、ニューヨークかカリフォルニアの弁護士資格です。どちらの州も日本人にはなじみがあると思いますが、違いが幾つかあります。

まず、弁護士としての仕事のスタイルが違います。ニューヨークは東海岸らしく、伝統を重んじ、しっかりスーツを着こなしている印象です。一方で、カリフォルニアは西海岸。カジュアルな着こなしなので、ネクタイをしていると逆に目立つくらいです。扱う案件の内容にも違いがあります。どちらの州も訴訟が多いのは共通ですが、ニューヨークは金融や国際法務が強く、カリフォルニアはIT系が強いという特色があります」(徳永さん)

「ニューヨーク州弁護士の市場価値は、今後ますます高くなるでしょう。ビジネスに国境がなくなるにつれて、大企業の国際法務案件が増えることは間違いありません。特に国際企業のM&A案件などは、動くお金の額がケタ違いです。

ニューヨーク州弁護士は、このような大きなお金が動く国際案件に関わります。こうした国際案件を扱う資格と経験を持ち合わせている人材として、市場価値はとても高いということです。国境を越えて活躍するためには、国際案件を扱う渉外法律事務所でなければなりません。日本の弁護士資格だけでは難しいでしょう。

一方で、離婚や交通事故などの個人の民事案件を扱う街弁(マチベン)は稼ぐ額がだいぶ減ります。人口の少ない州で、個人のトラブルを整理する弁護士はポジションが低いと言えるでしょう」

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント