• HOME
  • マネー
  • 【マーケット展望】あす未明にイエレン議長が議会証言、ドル高や利上げへの言及焦点

【マーケット展望】あす未明にイエレン議長が議会証言、ドル高や利上げへの言及焦点

11月17日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前日比42銭高の1万7862円63銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

この日の日経平均は続伸し1万7862円63銭で取引を終えた

 11月17日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前日比42銭高の1万7862円63銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストが注目するのは、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が日本時間18日午前0時から行う、上下院合同経済委員会での「経済見通し」に関する議会証言です。

 証言は米経済やインフレに関する見通しのほか、足元のドル高やFRBの利上げペースについて、どの程度言及されるかが焦点。トランプ次期大統領が就任後、大規模な財政出動を実施すればインフレが進行し、それに対応するためにFRBの利上げペースが速まるとの観測が、ドル/円上昇をけん引してきたといいます。

 八代さんは「議会証言の内容次第ではドル/円が反応し、米国株に影響を与える可能性があります」と話しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部アナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。