オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

優柔不断なO型夫に愛想が尽きた34歳女性、性格を利用して離婚に成功した方法(下)

離婚しようとする夫婦にとって、「血液型別の傾向と対策」とはどのようなものでしょうか。今回は「A型妻とO型夫」のケースを紹介します。

離婚における「血液型別の傾向と対策」とは
離婚における「血液型別の傾向と対策」とは

 離婚しようとする夫婦にとって、「血液型別の傾向と対策」とはどのようなものなのか、A型妻(34歳)とO型夫(31歳)のケースを、男女問題の専門家である筆者が紹介します。後編の今回は、調停を経て離婚が成立するまでを描きます。

「ああ、あれは冗談だから」と翻意した夫

「完全に想定外でした。あのときは『やった!』と思ったのですが」

 明子さんはただただ、あぜんとするしかありませんでした。離婚の話し合いがあっけなく成功したので、明子さんは拍子抜けしてしまったそう。やはり、O型の夫は与しやすい相手。わざわざ想定問答集を用意しなくてもよかったので、取り越し苦労に終わった形。一見すると明子さんの心配は杞憂(きゆう)に終わったように思えますが翌週、明子さんは役所で離婚届を受け取り、親権や養育費を書き起こした念書を用意し、「これに書いてちょうだい!」と突きつけると…。

「ああ、あれは冗談だから。真に受けたの? 俺にもいろいろあるから、今、離婚できるわけないでしょ?!」

 夫は明子さんをあざ笑うような口ぶりで悪気なく言い放ったのですが、自分だけでなく、妻子の人生も左右する大事な決断をわずか1週間で翻意したのだから悪質でしょう。

「もう頭にきちゃいました! 『猫なで声の鬼心』とはこのことですよ!!」

 明子さんは声を荒らげますが、どうしたら傷つかないか…A型とO型では危機管理意識がまったく逆です。A型は傷つかないよう事前の準備を欠かしませんが、一方のO型は傷つきたくないという一心でその場しのぎのうそをつくのです。

 明子さんは夫が承諾するまで、想定問答集を用いて夫の悪口や不満、愚痴を言い続けるでしょうが、明子さんの怒りを鎮火するには丸のみするしかない。空気を読むスペシャリストのO型夫は瞬時に察知したので、「承諾するつもりがないのに承諾する」といううそをついたのでしょう。O型はうそをつくことで修羅場を何度も乗り切ってきた成功体験が染み付いているので、「自分を守るためのうそ」なら悪気はなく、ピンチに陥ったらうそをつくのは慣れっこ。

 本来、うそをつきたい衝動に駆られたときに邪魔をするのはプライド。しかし、プライドより自分の方が大事なら関係ありません。やましいところはみじんも感じられないので、本人以外が虚言か否かを見抜くのは難しいです。O型には、うそを正当化できるという意味で「人間の弱さ」が凝縮していると言えるでしょう。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント

1件のコメント

  1. 途中から読んで気分が悪くなった。この記事の人は血液型絶対主義?O型に恨みでも?もしかして書いてる人はB型で虐げられてきたという思いが強いのでしょうか。もうこのシリーズの記事は読まないでおこう。最近質の悪いライターさんが多くてうんざりだな。