• HOME
  • マネー
  • 【11月7日のマーケット】日経平均大幅反発1万7177円21銭、FBIがクリントン氏訴追求めず

【11月7日のマーケット】日経平均大幅反発1万7177円21銭、FBIがクリントン氏訴追求めず

11月7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発、前週末比271円85銭高の1万7177円21銭で取引を終えました。

FBIがクリントン氏訴追を求めず大統領選をめぐる不透明感が後退

 11月7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発、前週末比271円85銭高の1万7177円21銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題をめぐり、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が日本時間7日、訴追を求めない考えを示したことで米国の先行き不透明感がやや後退しました。

 また、外国為替市場でドル/円が一時1ドル=104円台半ばまで上昇、前週末4日の東証取引時間中に比べて円安・ドル高が進行したことも、支援材料になりました。

 東証1部33業種中、輸送用機器、ガラス・土石製品など31業種が上昇、一方、水産・農林、パルプ・紙の2業種は下落しました。個別銘柄では、スズキ、日揮が買われ、古河機械金属、王子ホールディングス(HD)は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前週末比15.76ポイント高の1362.80。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=104円30銭台で推移しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。