オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 【マーケット展望】米7~9月期GDPがあす発表、ドル/円上昇なら東京株にも

【マーケット展望】米7~9月期GDPがあす発表、ドル/円上昇なら東京株にも

10月27日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比55円42銭安の1万7336円42銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

この日の日経平均は反落し1万7336円42銭で取引を終えた

 10月27日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比55円42銭安の1万7336円42銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストは、ドル/円が25日、一時104円83銭まで上昇し、約3カ月ぶりの高値を記録したことに着目します。

 八代さんによると、米連邦準備制度理事会(FRB)が12月、利上げに踏み切るとの観測がドル/円上昇の背景にありますが、「心理的な節目の105円に迫っていることで、やや伸び悩んでいる感もあります」。

 米7~9月期国内総生産(GDP)速報値があす28日に発表されますが、八代さんは「GDPで米景気の堅調さが改めて確認されれば、ドル/円が一段と上昇し、その場合、日経平均にとってプラス材料になりそうです」と話しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。