オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • B型夫は自己中でかんしゃく持ち…A型妻が離婚するために実践した“傾向と対策”(上)

B型夫は自己中でかんしゃく持ち…A型妻が離婚するために実践した“傾向と対策”(上)

夫や妻との離婚を考える人にとって「血液型別の傾向と対策」を知ることは、トラブルの「未然防止」「早期解決」「被害減少」につながると筆者は主張します。A型妻とB型夫のケースから考えます。

うまく離婚するには、血液型別の対策を練るべき?
うまく離婚するには、血液型別の対策を練るべき?

 Amazonで「血液型」と検索すると1000冊以上の本が表示されますが、「離婚」に焦点を絞った血液型の本は一冊も見当たりませんでした。これらの本はあくまで「雑学」。何冊か手に取りましたが、軽くて薄くて楽しい「だけ」で、毒にも薬にもならない無難すぎる中身ばかり。

 しかし、本当に必要なのは、相手を倒してくれる「毒」と自分を守ってくれる「薬」ではないでしょうか。日々を穏やかに過ごす一般ピープルは私のところへ相談に来ません。金銭的、身体的、そして、精神的に我慢の限界ぎりぎりの人ばかり。だからこそ「迷える子羊」を救い出す中身…つまり、離婚専用の「血液型別の傾向と対策」が必要です。

 例えば、「B型は××でキレやすい」と前々から知っていれば、「××」が起こらないように注意するし、「AB型は△△にこだわる」と前もって分かっていれば、「△△」を譲ることで話をまとめることができるし、「A型は◇◇を攻撃する」と先んじて気付けば、「◇◇」を奪われないように守ることも可能です。さらに、「O型の私は◎◎で相手を怒らせる」と勘付いていれば、けんかを避けるために「◎◎」をやめればいいのだから。

 このように「血液型別の傾向と対策」によって実現できるのはトラブルの「未然防止」「早期解決」「被害減少」です。一石二鳥、いや三鳥でしょう。とはいえ、私が相談者のエピソードを代弁するのは逆効果です。なぜなら、心に響くのは薄っぺらい他人事ではなく、濃すぎるくらいの自分事だからです。そこで、今回は本人に自分の言葉で語ってもらうことにしました。

 今回、取り上げるのはA型妻とB型夫です。世間的には因縁の宿敵、そして犬猿の仲だと思われがちですが、ものは考えようです。天真爛漫(てんしんらんまん)で自由奔放なB型を献身的でお節介焼きのA型が包み込めば、二人の相性は悪くなさそうですが、どうなのでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
夫:長友健太郎(36歳)→会社役員(年収1200万円)
妻:長友智恵(32歳)→専業主婦(※今回の相談者。長友夫婦は結婚10年目)
長女:長友樹利亜(7歳)→長友夫婦の娘

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント

1件のコメント

  1. メディアには「B型男性とA型女性の組み合わせを嫌う者達」が多い