オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 猛暑の中、お疲れさまです…「ゆるキャラ」の熱中症対策、どうしている? くまモン&ひこにゃん

猛暑の中、お疲れさまです…「ゆるキャラ」の熱中症対策、どうしている? くまモン&ひこにゃん

ひこにゃんも毎日活動する

 続いて、「ゆるキャラ」ブームの火付け役とされる「ひこにゃん」です。滋賀県彦根市の「ひこにゃんブランド推進室」に聞きました。

Q.ホームページに「毎日登場します」とありますが、休みがなくて大丈夫ですか。

担当者「豪雨時などを除き、毎日頑張ってもらっています」

Q.熱中症対策は。

担当者「夏場の対策としては水分補給を十分にすることくらいでしょうか。1回の活動時間は30分で、いつもと変わりません」

着ぐるみの制作会社は?

 キャラクターの着ぐるみを制作し、「中の人」も派遣するリップ(大阪市淀川区)の広報担当者にも話を聞きました。

Q.気温が35度の時、内部は何度くらいになっているのでしょうか。

担当者「場合によりますが、体感温度は40度以上かと思います。湿度もかなり高くなります」

Q.キャラクターの暑さ対策はどのようにしていますか。素材や衣装の工夫は。

担当者「通気を良くするためにメッシュ素材を多用しています。可能な限りスリットを開けたり、細かい穴の開いたアルミの板『パンチネット』を使用したりします。パンチネットは目や頬の部分に使い、光が入りやすくするとともに通気も良くしています」

Q.中にファンが付いているのでは。

担当者「昔は当社でも付けていたようですが、今はお勧めしていません。ファンを付けて外気と内気を入れ替えようとすると、どこかに穴を開ける必要があります。ファン部分に薄い生地を使うと、そこだけ色が薄くなり、違和感が出てきます。また、中は塩分濃度が上がるので、手入れをしっかりしないと腐食が進んでしまいます」

Q.「中の人」の暑さ対策は。

担当者「保冷剤を複数のポケットに入れる『冷却ベスト』を使うことがあります。額に張る冷却用シートや保冷剤入りスカーフを併用することもあります。水分や塩分の十分な補給、普段からの体調管理も大切です。特に、今年の夏は異常な暑さのため、例年以上に注意するよう心掛けています」

Q.活動時間の目安はありますか。

担当者「通常は30分くらいなのですが、夏場は10~15分に短縮しています」

 子どもたちの人気者も陰でいろいろと苦労しているようです。出番を終えたら、快く見送りたいものです。

(報道チーム)

1 2 3

コメント