オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

家事をする女性に多い「主婦湿疹」、主な治療法は? 「予防に手袋」は有効? 皮膚科医が解説

コロナ禍で発症する人が増加

Q.コロナ禍で主婦湿疹に悩む人が増えたという話を聞きますが、実際にそのような傾向はあるのでしょうか。

太田さん「やはり、新型コロナウイルスの影響で、手洗いや消毒、掃除などで主婦湿疹を発症する人が増えています。また、主婦だけではなく、老若男女問わず、さまざまな人が発症するケースが増えています」

Q.主婦湿疹の人が手をうまく消毒する方法はあるのでしょうか。また、公共施設で消毒液の使用を要請されたときはどのように対処すればいいのでしょうか。

太田さん「繰り返し申し上げますが、主婦湿疹は皮膚に継続的に刺激を与えることで皮膚のバリアー機能が低下し、炎症を起こすことで発症します。湿疹がある状態でアルコール消毒を繰り返すと症状が悪化する恐れがあるため、状況に応じて消毒と手洗いを使い分けること、その都度、保湿ケアをしっかりして悪化しないように対策することが基本になります。

ただし、アルコールそのものにアレルギーがある場合は、今後のために他の消毒薬などの使用や対策について皮膚科医と相談しておくのも大切です。公共施設などでアルコール消毒を要請された場合は、現状を説明し、基本的には手洗いをして対策すればよいと思います。面倒ではありますが、事前に利用施設の対応を確認しておくのも手かもしれません」

Q.主婦湿疹と似た病気はあるのでしょうか。

太田さん「『汗疱(かんぽう)』や水虫などの病気と症状が似ています。また、まれですが、皮膚の一部が銀白色になって剥がれ落ちる『乾癬(かんせん)』などと診断されるケースもあります。適切に治療するためにも、まずは皮膚科で診察を受けてください」

(オトナンサー編集部)

【ひと目で分かる】「主婦湿疹」の主な対処法

画像ギャラリー

1 2

太田理会(おおた・りえ)

医師(皮膚科)

アヴェニュー六本木クリニック勤務。藤田保健衛生大学医学部卒業。藤田保健衛生大学 坂文種報徳会病院、福井県済生会病院で研鑚(けんさん)を積み現在に至る。藤田保健衛生大学病院皮膚科学助手、福井県済生会病院皮膚科非常勤医師、日本医師会認定産業医、日本皮膚科学会正会員、日本美容皮膚科学会会員。アヴェニュー六本木クリニック(https://www.a6-clinic.com)。

コメント