オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

汗でアルコール抜ける? 飲酒後の「入浴」、健康リスクはない?

年末年始に「家飲み」を楽しむ人も多いと思います。家飲みの後、すぐ、お風呂に入ろうとする人もいるようですが、飲酒後の「入浴」にリスクはないのでしょうか。

飲酒後の「入浴」は危険?
飲酒後の「入浴」は危険?

 飲酒の機会が増える年末年始、今年はコロナ禍の影響もあり、「家飲み」を楽しむ人も多いと思います。家飲みは帰宅時間を気にする必要がなく、「飲んだ後、すぐお風呂に入ってさっぱりできる」「熱いお風呂で汗を流して、アルコールを抜いてから寝られる」と考える人もいるようですが、飲酒後の入浴について、ネット上では「酔っぱらったまま、お風呂に入るのは危険では」「浴室で具合が悪くなりそう」と危惧する声や「飲酒後どのくらいたてば、お風呂に入ってもいいの?」「シャワーだけなら大丈夫?」といった疑問の声も上がっています。

 この時期、特に気を付けたい飲酒後の「入浴」に潜むリスクについて、内科医の市原由美江さんに聞きました。

酔いが加速、転倒の恐れも

Q.そもそも、お酒を飲むと体内では何が起こるのですか。

市原さん「アルコールは胃や小腸で吸収され、『門脈(もんみゃく)』という太い静脈を経由して肝臓に運ばれます。肝臓では、分解酵素によってアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸に分解されて全身の血液中を巡り、最終的に水と二酸化炭素になります」

Q.平常時、入浴すると、体内でどんな変化が生じるのか教えてください。

市原さん「入浴して体が温まると、全身の血管が広がることによって血流がよくなり、血圧が下がったり、利尿作用をもたらしたりします。シャワーだけで済ませるときは、この効果は弱いです」

Q.「飲酒後すぐ、酔った状態で入浴する(=湯に漬かる)のは危険」といわれていますが、事実でしょうか。中には「熱いお風呂に入って汗をかくことでアルコールが抜けやすくなり、翌日にお酒が残りにくくなる」と考える人もいるようです。

市原さん「危険であることは事実です。湯に漬かることで全身の血流がよくなり、アルコールが全身に回る勢いが増してしまうからです。つまり、酔いが加速するので、風呂場での転倒や入浴中の居眠りなど危険な状況が考えられます。

また、アルコールにも入浴にも、一時的な血圧降下作用に加えて利尿作用もあるので、脱水によって、さらに血圧が下がってしまう可能性があります。それにより、目まいや意識消失などの危険があります。飲酒後すぐに『シャワーだけ浴びる』のは泥酔した状態でなければ問題ないと思いますが、転倒には十分注意してください。

なお、汗をかいただけではアルコールは抜けないので、入浴することでは二日酔いの予防にはなりません」

Q.飲酒後の入浴について、特に注意した方がよい人の特徴はありますか。

市原さん「高齢者は血圧の調整機能が弱くなるため、アルコールと脱水によって血圧が大幅に下がる可能性があり、注意が必要です。また、高血圧の薬を飲んでいる人は同じく、血圧が下がり過ぎる可能性があるので要注意です」

Q.もし、飲酒後の入浴で体に異変が起きたり、体調が悪くなったりした場合、どうすればよいですか。

市原さん「まずは血圧の低下を疑ってすぐに横になり、できれば、足をクッションなどの上に置いて少し高い位置にしてください。脱水の可能性もあるので、水分をしっかり摂取しましょう。これでも改善しない場合や目まいや意識消失、胸痛、まひなどの症状が出たときは、違う病気を発症している可能性があるので、すぐに医療機関に相談してください」

Q.飲酒後、どうしても湯に漬かりたい場合、どれくらい時間が経過してからであれば問題ないのでしょうか。

市原さん「摂取したアルコールの量や体質にもよりますが、少量のアルコールであれば、通常2~3時間ほどで分解されるので、飲酒後3時間が経過してからの方が安心だと思います。長湯をしたり、湯船に入ったり出たりを繰り返したりすると、脱水や血圧低下を引き起こす可能性が高くなるのでやめましょう」

Q.翌日、二日酔いの状態で入浴する際に気を付けるべきことはありますか。

市原さん「二日酔いはアセトアルデヒドが分解しきれず、体内に残っていることによって、頭痛や倦怠(けんたい)感などの症状を引き起こすものです。アセトアルデヒドを分解させるためには、水分補給をしっかりと行わないといけません。つまり、脱水になると二日酔いが治りにくくなるので、入浴による脱水に注意して、入浴前から十分に水分補給をしてください」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント