オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

どっちか分からない…「産後うつ」「マタニティーブルー」は何が違う? 症状やケアを解説

どんなケアが必要?

Q.産後うつ病やマタニティーブルーの発症を防ぐために、本人または周囲にできることとは。

尾西さん「まず、産後の無理は禁物です。何でも完璧に!などとは思わないで、夫(パパ)や両親など周囲の人に育児や家事を手伝ってもらいましょう。夜中のおむつ替えはパパに頼んだり、昼間、少し誰かに赤ちゃんを任せてお昼寝をしたりと、心身の疲れを少しでも取るようにしましょう。

パパや両親はママが自分から言い出しにくいかもしれないので、『○○しようか?』と手伝えることを提案してみてください。産後1年以内の引っ越しや転職など、大きなライフイベントも極力控えましょう。

また、話を聞いてもらえる誰かに相談することも大切です。身近にいなければ、1カ月/3カ月/6カ月検診などのときに、助産師や医師に相談するのもよいと思います。自治体によっては、子育てに悩む親のために産後、家庭を訪問して相談に乗ってくれる『赤ちゃん訪問』というサービスを行っているところもあるので、相談してみてもいいですね」

Q.現在、産後うつ病やマタニティーブルーに悩む女性やその周囲の人々に対し、産婦人科医としてのアドバイスをお願いします。

尾西さん「“母親”としての責任や慣れない育児に、大変な毎日だと思います。産婦人科医の私も、1人目の産後は『こんなはずじゃなかった、こんなこと誰も教えてくれなかった…』ということが山ほどあり、責任が重過ぎて、子どものことを手放しでかわいいと思えないこともありました。

でも、ママだって人間です。全部をママが背負って、子どもにささげる必要はないのです。ママ自身の心や体、時間を大切にすることで、赤ちゃんへの愛情も深まります。そのため、積極的に周囲の人を頼ったり、相談したりしてみましょう。1人でだめなら、また別の誰かに頼ってください。きっと、あなたの気持ちを受け止めてくれる誰かが見つかります。

現在は特に、新型コロナウイルスの影響もあり、1人で家にこもってしまったり頑張り過ぎたりしがちですが、そうすると、さらに悪化してしまうので、ゆったりした気持ちで過ごすようにしましょう」

(オトナンサー編集部)

1 2

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は高輪台レディースクリニック副医院長。「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性のすべての悩みに答えられるかかりつけ医を目指している。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント