オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

どっちか分からない…「産後うつ」「マタニティーブルー」は何が違う? 症状やケアを解説

出産後の女性を苦しめる「産後うつ」と「マタニティーブルー」。似た症状に見えますが、どう違うのでしょうか。

産後うつとマタニティーブルーはどう違う?
産後うつとマタニティーブルーはどう違う?

 出産後の女性を襲う代表的なトラブルの一つ「産後うつ」。出産後、気分の落ち込みや不安感などが続くことをいい、適切なケアや治療が必要とされます。一方で、産後に「訳もなく悲しくなる」「涙もろくなる」といった気分の不調が出る状態を「マタニティーブルー」と呼ぶこともありますが、ネット上ではこの両者について「違いはあるの?」「産後で気分が不安定な時期だけど、どっちなのか分からない」「周囲の人が判断する方法は?」などの疑問の声が上がっています。

 産後の女性を苦しめる「マタニティーブルー」と「産後うつ」の違い、判断のポイントについて、産婦人科医の尾西芳子さんに聞きました。

産後うつは2週間以上継続

Q.「マタニティーブルー」「産後うつ」とは、それぞれどのようなものですか。

尾西さん「まず、マタニティーブルーは医学的には『マタニティーブルーズ』といわれ、出産直後から急に涙もろくなる、不安になるといった情緒不安定な症状が現れることを指します。出産による急激なホルモンの変化がもたらす一時的なもので、出産後数日から現れることが多いのですが、多くの場合は産後2週間以内に治ります。

一方、産後うつは急激なホルモンの変化に加え、慣れない育児や授乳による不眠などで心身に負担がかかって発症する『うつ病』、つまり、『産後うつ病』です。疲れやすい▽気力がない▽訳もなく不安になる▽眠れない▽子どもに愛情を感じない――などの症状がみられ、日によって症状が変化しやすいのが特徴です。産後2週間後~3カ月ごろに多くみられます。

妊娠中に引っ越しや転職、退職などの大きなライフイベントがあった人や、切迫早産、難産など妊娠経過が順調でなかった人、過去にうつ病になったことがある人などは特に発症しやすいので要注意です。また、もともと責任感が強く、完璧主義の人に多いともいわれています。

なお、妊娠中にも、急激なホルモンの変化で、急に涙もろくなる、不安になるといった症状が現れることがあり、一般的にはこちらもマタニティーブルーと呼ばれています」

Q.この両者の違いとは何でしょうか。また、症状としてより深刻なのはどちらですか。

尾西さん「産後のマタニティーブルーは、出産女性の2人に1人にみられるとの報告もあるほどよく見られるもので、治療の必要はなく、数日程度、遅くとも産後2週間までに自然と治ります。一方の産後うつ病は、10人に1人程度にみられるもので、数日で治ることはなく、2週間以上続きます。

産後うつ病の場合、悪化すると『死にたい』とまで思うようになり、産後の死亡原因のトップである自殺の原因となるため、より早急な治療が必要です」

Q.この両者は症状が似ているようですが、どちらを発症しているのかを見極めるポイントはありますか。「マタニティーブルーだと思っていたら産後うつ病だった」というケースもあるのでしょうか。

尾西さん「発症の時期と症状の続く期間がポイントです。先述したように、マタニティーブルーはより早期に現れますが、2週間程度で治ります。一方、産後うつ病は2週間以上続きます。ただ、まれにマタニティーブルーから産後うつ病に移行することもあり、きちんと経過を見ていくことが大切です」

Q.「産後うつ病かも」「マタニティーブルーかも」と思ったとき、どんなケアが必要でしょうか。

尾西さん「産後うつ病やマタニティーブルーのママは、自分自身を認めてあげる力である自己肯定感が弱まっていたり、母親としての自信を持てなかったり、自分を責める傾向である『自責感』が強くなったりするので、『私のせいで…』などの発言が見られたら要注意です。自覚がないことも多く、周囲がママのつらさに気付いてあげることも大切です。

特に、産後うつ病は早めに適切なケアをしないと、慢性化や重症化、子どもの虐待につながる可能性もあります。周囲は『だめな母親』『怠けている』など、決してママを責めてはいけません」

Q.病院を受診した方がよい目安とは。

尾西さん「気分が沈む▽眠れない▽何もないのに急に涙ぐむ▽死にたいと思う――などの症状が2週間以上続く場合、病院を受診しましょう。治療は心療内科や精神科で行いますが、どこへ行ってよいか分からない場合は、かかりつけの産婦人科で相談してみましょう。十分な休養や専門家によるカウンセリング、薬による治療などが必要な場合もあります」

1 2

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は高輪台レディースクリニック副医院長。「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性のすべての悩みに答えられるかかりつけ医を目指している。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント