オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 「大さじ1」「1カップ」「ひとつまみ」…の分量ってどれくらい?

「大さじ1」「1カップ」「ひとつまみ」…の分量ってどれくらい?

料理において、油や調味料の分量を示すものとして「大さじ1」「塩ひとつまみ」などがありますが、「器具がない」「感覚に自信がない」などの場合は困ってしまいます。そこで今回は、それらがどの程度の分量であるかをご紹介します。

料理でよく使う「計量スプーン」

 料理のレシピ本やテレビ番組で必ず目にする「大さじ1」「塩ひとつまみ」などの表現。料理をおいしく作り上げるためには、油や調味料の分量を正しく計ることが必須ですが「計量スプーンが見当たらない」「『ひとつまみ』の感覚がわからない」などの場合には、とても困ってしまいます。

 そこでオトナンサー編集部では、「大さじ1」「ひとつまみ」などがそれぞれどの程度の分量なのか、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

「少々」は「お好みで」のニュアンス

 まず「大さじ1」「小さじ1」「1カップ」「1合」の分量からです。

・大さじ1=15cc

・小さじ1=5cc

・1カップ=200cc

・1合=180cc

 次に「塩少々」「塩ひとつまみ」「塩ひとつかみ」の分量です。

 関口さんによると、「少々」には「お好みで」というニュアンスが含まれているため、「微調整してください」という意味になります。

 また「ひとつまみ」には、親指+人指し指の2本と、親指+人指し指+中指の3本があり、重さはそれぞれ1グラム、2グラム程度です。

 そして「ひとつかみ」は「だいぶざっくりなので、味付けというよりも塩もみやパスタをゆでる時などに使います。分量は大さじ1~2程度です」(関口さん)。

 ちなみに、大さじ1とした時の、調味料ごとのグラム数は以下の通りです。

・塩=18グラム

・しょう油=18グラム

・油=12グラム

・ケチャップ=15グラム

(オトナンサー編集部)

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。