オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

出張族に朗報! 今どきのカプセルホテルは安くて、ウマくて、気持ちよかった

浮いたお金で、マッサージやあかすりを楽しむ

 チェックイン後は、部屋でスーツを脱ぎ、移動の疲れを癒すために、さっそく大浴場へ。Wの大浴場にはロウリュサービスがある本格的サウナや、茶室を模した「からふろ」といわれる和風蒸し風呂の2種類のサウナがあり、その日の気分でたっぷりと汗をかくことができます。

「水風呂はなんと水温5度。博多にいながら、サウナの本場であるフィンランド気分を満喫できます」

 ビジネスホテルの小さな部屋風呂とは比較にならない大浴場で十分リラックスした後は、ゆる~い館内着に着替えて、併設の食堂で生ビールをグビリとやります。さて、つまみには何を食べたらよいのでしょうか。

「ハムエッグやホルモン炒め、ナポリタンなど、安くてうまいメニューがおすすめです。食堂なのに居酒屋としても使えますから、まさに一石二鳥ですよ」

「食べて飲んでたっぷり楽しんだ後は、好みの枕を選び、畳敷きのカプセルルームでい草の香りに癒されつつ熟睡。すぐ寝るのがもったいなければ、宿泊料金で浮いたお金を使ってマッサージなどを楽しむこともできます」

 いや~、まさに出張族のディズニーランド。出張にかこつけて日々のストレスを思いきり発散できる良いチャンスですね。ちなみに同レベルのサービスは、札幌市中央区の「N」や神戸市中央区の「K」、仙台市青葉区の「C」でも味わえるようです。

 さっそく行くっきゃない!

(オトナンサー編集部)

1 2 3 4

濡れ頭巾ちゃん

トッププロサウナー

サウナブログ「湯守日記」(http://ameblo.jp/spasaunalove/)を運営。サウナ⇔水風呂で心身をととのえて酒場に繰り出すことを日課としている。「大切なことはすべてサウナが教えてくれる。サウナこそ人生そのもの」が身上。自身も所属するFSC(フィンランドサウナクラブ)が主催する、日本初のサウナフェス「第2回 日本サウナ祭り」の情報はコチラ(https://www.fsc37.com/jsf)から。

コメント