オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • プロサウナーの熱中症対策! 暑い夏は「サウナと水風呂」で乗り切ろう

プロサウナーの熱中症対策! 暑い夏は「サウナと水風呂」で乗り切ろう

全国的な猛暑を受け、各種メディアでは、医師や気象予報士の解説がよく見られますが、ここでは、熱とは切っても切れないプロサウナーが、熱中症予防におけるサウナの役割を紹介します。

サウナは熱中症予防の切り札?
サウナは熱中症予防の切り札?

 岐阜県多治見市で40.7度を記録するなど、全国的に異常な猛暑が続いており、熱中症とみられる症状で救急搬送された人は全国で数千人、死者も出るなど、深刻な事態となっています。

 この状況を憂慮し、何とかしたいと考えている、プロサウナーの濡れ頭巾ちゃんです。医師や気象予報士が、ニュースで熱中症の危険性や予防法を解説していますが、毎日90度を超える高熱空間で、いくら大量発汗しても絶対熱中症にならないプロサウナーに、その対策を聞きに来ないのはどうしてだろう(笑)

 ということで、聞かれないので答えてしまいますが、熱中症予防の切り札はずばり「サウナと水風呂」です。

気温を感じるセンサーは相対的なもの

 35度以上の猛暑日と言われても、いつも入っている90度のサウナ室と比べたら、正直、生ぬるい「採暖室」くらいにしか感じません。

 勝手に思っているのですが、人の気温に関する「温冷センサー」というものは相対的なものだと思います。その証拠に、前日の気温が40度で翌日が30度だったりすると、とても涼しく感じます。「もう夏が終わってしまったのか」と寂しくなったり……。

 逆に、前日20度で翌日が30度だと、もう暑くてフラフラ。お天気お姉さんが「急な暑さに注意してください」と注意喚起する事態になります。つまり、同じ30度という気温でも、感じ方は相対的に「寒い」「暑い」となるのです。

 ちなみに、筆者は日本の最低気温(マイナス41度)を記録した北海道旭川市出身ですが、同様のことは寒さにも当てはまり、前日マイナス30度で翌日がマイナス20度だと、もう「Tシャツ一枚で外出できるんじゃないか」と思うくらい暑く感じます。

 話はそれましたが、90度のサウナ室に入った後、38度の外気温というのは意外に涼しく感じます。また、普段からサウナに入って汗腺を鍛えておくことでスムーズに汗をかくことができ、体温を下げられるようになります。

熱中症対策の決定版は「冷たい水風呂」

 90度のサウナで蒸され、大量発汗した後は、必ず「冷たい水風呂」に入ってください。水風呂は体温の上昇や、血管の拡張による血圧低下を抑える効果があります。サウナーが熱中症にならないのは、水風呂で深部体温をしっかり下げているからなのです。

 何よりも、サウナと冷たい水風呂のセッションを何度か繰り返すことで、トンネル発破のごとく毛細血管が開通し、自律神経のバランスがととのい、体の温度調整機能がととのうので、炎天下で外に出ても汗をかかず、お肌をツルツルサラサラにキープできます。

 自然と外気温に順応できる体になるので、暑さをそれほど感じなくなるのです。当然、水分・塩分補給は忘れずに行ってください。

1 2

濡れ頭巾ちゃん

トッププロサウナー

サウナブログ「湯守日記」(http://ameblo.jp/spasaunalove/)を運営。サウナ⇔水風呂で心身をととのえて酒場に繰り出すことを日課としている。「大切なことはすべてサウナが教えてくれる。サウナこそ人生そのもの」が身上。自身も所属するFSC(フィンランドサウナクラブ)が主催する、日本初のサウナフェス「第2回 日本サウナ祭り」の情報はコチラ(https://www.fsc37.com/jsf)から。