オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • 正しく覚えよう! 「日本茶」の種類とおいしい淹れ方

正しく覚えよう! 「日本茶」の種類とおいしい淹れ方

来客時など日常のさまざまなシーンで利用する「日本茶」ですが、その種類はさまざま。それぞれに味わいの特徴や淹れ方が異なるため、ここでしっかりと学んでおきましょう。マナーの専門家に聞きました。

日本人の生活になじみ深い「緑茶」

 来客があった場合などに出すことの多い「日本茶」ですが、その種類はさまざまであり、それぞれに味わいや淹(い)れ方が異なります。

 オトナンサー編集部ではそれぞれの特徴について、ビジネスシーンや日常生活のマナーに詳しい、マナーコンサルタントの川道映里さんに聞きました。

甘く、まろやかな味が特徴の玉露

 日本茶は、栽培方法、摘採時期、製造工程などの違いによって、さまざまな種類があります。それぞれの特徴とおいしい淹れ方は以下の通りです。

【玉露】

 日本茶の中では最高級のお茶です。渋みが少なく、甘くまろやかな味が特徴です。また、「覆い香」と呼ばれる特有の香りも楽しめます。

 淹れ方は、はじめにお湯を湯のみ茶碗に注ぎます。お湯を50~60度くらいまで冷まして、茶葉を入れた急須に移します。約2分待ったら、湯のみ茶碗の7分目まで均等になるように注ぎます。

【煎茶】

 渋みとうまみのバランスが良い日本茶の代表格です。さわやかな香りに加え、お湯の温度が高いと渋みが、低いと甘みが出るため、好みに合わせて風味が楽しめます。

 淹れ方は、はじめにお湯を湯のみ茶碗に注ぎます。お湯を70度くらいまで冷ましたら、茶葉を入れた急須に移します。約1分待ったら、湯のみ茶碗の7分目まで均等になるように注ぎます。

【番茶・ほうじ茶】

「晩茶」とも書くように、遅い時期に摘んだお茶です。苦みが少なく、喉越しが良いため、特に食後のお茶に適しています。また、番茶を高温で炒ったものは「ほうじ茶」と呼ばれます。

 淹れ方は、茶葉を大きめの急須(もしくは土瓶)に入れ、80度以上の熱湯を直接注ぎます。最後に、30秒ほど待ってから、厚めの湯のみ茶碗の7分目まで均等になるように注ぎます。

1 2 3

川道映里(かわみち・えり)

マナーコンサルタント・マナー講師

一般社団法人マナー教育推進協会理事。ファストマナースクール西日本エリア長。銀行に就職後、結婚を機に退職。子育て中にマナーの大切さを知り、マナーコンサルタントの西出ひろ子に師事。企業や学校などで人財育成、マナー研修、マナーコンサルティングなどを行う。真心マナーを伝え、結果を出せるマナー講師の養成も行う。また日本最大級のカルチャーセンターでは、冠婚葬祭マナーやキッズマナーなどの日常生活のマナー講座も担当。食事をしながらテーブルマナーを習得する講座も人気。徳島を拠点に全国で活躍中。ファストマナースクール(http://www.fastmanner.com)、ウイズ株式会社(http://www.withltd.com)。