オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

わが子の「偏食」を直そうと必死だった過去 親のしつけは食事の楽しみを殺す

発達障害の子どもには「感覚過敏」があるといわれています。その一つである「味覚過敏」による偏食には、どう対応すべきなのでしょうか。

偏食はしつけの対象?(C)あべゆみこ
偏食はしつけの対象?(C)あべゆみこ

 発達障害の子どもには「感覚過敏」があるといわれています。その一つである「味覚過敏」により、決まったものしか食べられない子もいますが、好き嫌いが多いというより、「フライドポテトしか食べられない」「○○社のレトルトカレーしか食べられない」という子もいて、これを感覚過敏として許してよいのか、わがままとしてしつけなくてはならないのか、悩む人もいると思います。

 しかし、もし自分が「三度の食事で、バリウムをお茶代わりに飲みなさい」と言われたらどうでしょうか。絶対に嫌ですよね。感覚過敏とは、実はそういうものだと思います。

「嫌いなものを無理やり」はトラウマにも

 ある発達障害の当事者の大人が幼い頃を振り返って、「ちょっとだけ食べたら許してもらえる意味が分からなかった。ちょっとだけ食べればいいのなら、一切口にしなくてもいいのではないかと感じていた」と話していました。人間にとって、空腹を満たすことは喜びです。ですから、食事で最も大切なことは「おいしく楽しく食べること」ではないでしょうか。

 親は「世の中にはおいしいものがたくさんあるのだから、もっと食事の幅を広げてほしい」「同じものばかり食べていると、栄養が偏る」と心配になりますが、大人になってから「あれもこれも食べられない」という人は少ない気がします。むしろ、嫌いなものを無理やり口に押し込まれた経験がトラウマ(心的外傷)になり、その食べ物を嫌いになることすらあります。

「障害のある子の親である私たち」(生活書院)の著者、福井公子さんの息子さんは就学前まで、白いご飯を食べられなかったそうです。そこで、「日本人なのにお米が食べられない。これは何とかしなければ」と考え、綿密な計画を立てます。例えば、最もおなかがすいている保育園からの帰宅時、ほんの一口からご飯を食べさせ、その後、大好きなチョコレートを食べてよいと許可を与える、などです。

 その結果、息子さんは家に帰ることを嫌がり、揚げ句の果てには、保育園に迎えに行った母親の顔を見るなり先生にしがみついて、離れない状態になりました。ところが、スーパーに行ったときのこと。試食販売のおばさんが小さなカップに一口大のご飯を入れ、ふりかけをかけて息子さんに渡したそうです。すると、それをうれしそうに食べたというのです。そして、その日を境にふりかけご飯が大好きに…。

「障害のある子の親である私たち」の最後に、次のような言葉が書かれていました。

「期待も押しつけもしない、ちょっと太った試食販売のおばさん。私はそんなお母さんになろうと思いました」

 親は子どもに偏食があることを“この世の終わり”のように感じてしまい、「好き嫌いを許さずに何でも食べさせよう!」と一生懸命になり過ぎてしまうものです。しかし、親まで“療育の先生”と化し、「家でも療育、その一環でおうちでも偏食指導」をされては、楽しいはずの食事が苦しいものになってしまうかもしれません。

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント