オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

パスタをゆでるときに入れる「塩」、本当に必要? うどんやそうめんは不要なのに…

パスタを調理する際、「塩」を入れるのが常識とされていますが、本当に必要なのでしょうか。

パスタをゆでるときの「塩」は必要?
パスタをゆでるときの「塩」は必要?

 パスタをゆでる際、沸騰した鍋に「塩」を入れるのが常識とされています。しかし、同じ麺類でも、うどんやそうめんをゆでる際は塩を使いません。また、塩を使い過ぎると、高血圧などの持病を抱えた人は塩分が気になりそうです。そもそも、パスタを調理するときに塩は必要なのでしょうか。料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

塩は麺に下味を付けるため

Q.そもそもなぜ、パスタをゆでる際に塩を入れるのでしょうか。また、パスタをゆでる際の適量は。

関口さん「パスタは『デュラム小麦』という、タンパク質が多い小麦の粉を使用するため、元々弾力が強く、塩を入れずに製造します。そのため、元々は味が付いておらず、真水でゆでると間延びした味になってしまいます。パスタに塩味をきかせてゆでることで、麺自体が引き締まった味わいとなります。つまり、塩を入れるのは麺に下味を付けるためと考えるとよいでしょう。

また、ゆでた煮汁はパスタソースの濃度を調節する際にも使うので、程よい塩分が全体のまとまりを助ける効果もあります。基本の塩の割合は1%で、1リットルの水の場合、塩は10グラム、小さじ約2杯。好みで塩の量を1~2%にし、麺の塩加減を強くしてソースを薄めにしたり、麺とソースのバランスを考えたりしながら好みの味に仕上げます」

Q.うどんやそうめんをゆでる際に、塩を使わなくてもいい理由は。

関口さん「うどんやそうめんは『中力粉』という、タンパク質が8.5~10.5%の、伸びがよく、適度な弾力のある粉を使い、塩と水を加えて製造します。塩を入れることでタンパク質のグルテンの粘りを強め、コシの強いしなやかな生地をつくります。小麦粉に対して、手延べ式で4~6%、機械式で2~4%程度の塩が入っており、ゆでる際は、真水で塩抜きする感じです。当然ながら、塩を入れる必要はありません」

Q.塩を使わずにパスタをおいしく調理する方法はありますか。

関口さん「先述のように、塩を入れるのは麺に下味を付け、ソースとの調和をよくするためです。塩の使用を控えめにする場合、塩水ではなく真水でゆでて、ゆで上がり1分前のタイミングで麺が絡む程度の煮汁を残して湯を捨て、味が付く程度の塩を加えて麺になじませ、弱火で好みの硬さになるまで加熱します。煮汁が少ない分、塩を使う量が節約でき、麺自体にも塩味がなじみます」

Q.調理時に塩を使ったパスタを高血圧の人が食べると、持病が悪化する危険性はないのでしょうか。

関口さん「高血圧と塩分の因果関係は諸説あり、塩ゆでしたパスタが病気の悪化に直結するとは必ずしも言い切れません。ただ、塩分量を抑えたいと考えているのであれば、下味の塩分も考慮した方がよいでしょう」

Q.パスタは、大きな鍋、大量の水を使って調理するイメージがあります。やはり、大きな鍋や大量の水を使わなければいけないのでしょうか。

関口さん「スパゲティなど長い乾麺を一気に湯の中に沈めようとすると、かなり大きな鍋で、たっぷりの湯を沸かしてゆでるイメージがあると思いますが、通常はそこまで大きな鍋は必要ありません。とはいえ、パスタの基本的なゆで方では、パスタ1人分(80~100グラム)に対して水1リットル、塩10グラムを使うため、2人分なら2リットルの水を沸かすことになり、中鍋は必要です。

パスタに限らず、乾麺はゆでると2.5倍程度に量が増えるので、適量の水分で熱の対流を利用して泳がせるようにゆでるには、余裕を持った大きさの調理器具を使うべきです。小さな鍋で麺が外に飛び出した状態で調理すると、焦げたり、ゆで上がりにムラができたりします。そのため、間口が広く麺が均一に入りやすい深めのフライパンを活用するのもおすすめです」

(オトナンサー編集部)

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。

コメント