オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

勤務先の客と不倫した46歳男性、「二度としない」と妻に信じ込ませた4つの方法

妻に勤務先の客との不倫がバレてしまった46歳男性。二度と不倫しないと妻に信じさせるために、筆者がアドバイスした事柄とは――。

勤務先の客との不倫がバレて…
勤務先の客との不倫がバレて…

 これまで「不倫」は収入や社会的地位、そして、コミュニケーション能力の高い一部の男性の特権でした。しかし、現在は誰でも不倫できる時代です。不倫のインフラ(出会い系アプリ、SNS、ソーシャルゲームなど)が整っているネット社会において高スペックは不要なのです。

 5月下旬、ある俳優の不倫が報じられましたが、彼は決して一流の芸能人ではなく、真面目が売りの中堅俳優で口が達者そうではありません。ホテル代を渋って車中で事に及ぶようなケチな性分なのに、取っ替え引っ替え女を口説くことに成功したのだから驚きです。誠実な記者会見が奏功したのか、妻との離婚は避けられたようですが、「不倫バレ」というシチュエーションで何が明暗を分けるのでしょうか。

トイレに立っている間にスマホを見られ…

 二度と同じことが起こらないと妻に信じさせるために、どのように謝罪すればよいのか、今回の相談者・長谷川悠人さんのケースで紹介しましょう。

「嫁に(彼女との)2ショット写真を見られてしまって…僕は離婚したくないんです。どうしたらいいでしょうか」

 そんなふうに、顔面蒼白(そうはく)で訴えかける悠人さん。スマートフォンには「○分後に自動ロック」という設定がありますが、悠人さんは15分たたないとロックされない設定にしていたため、2ショット写真が表示されている状態でトイレに向かい、用を足している間、妻が疑惑の写真を見てしまったというわけです。

 2ショットの相手は勤務先の工務店のお客さんなので、「仕事上の付き合いだから」と言い逃れできそうですが、逆に言えば、団体ではなく1人のお客さんとの2ショット写真を撮るのはあまりにも不自然なので、悠人さんは白状せざるを得なかったそうです。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
夫:長谷川悠人(46歳)→会社員(年収800万円) ※今回の相談者
妻:長谷川京香(44歳)→専業主婦
子:長谷川春香(17歳)→高校生

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント

1件のコメント

  1. あー
    都合の悪いコメントは消すんだねw

    まあ、そもそも日本の男って‥
    自分の血を分けた子供の養育費も支払わないgomiがほとんどだしねーーーー