オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

年収1500万円のケチ夫に愛人ができて別居、婚費をもらえず生活に窮する妻の苦悩(下)

別居している夫婦のうち、収入の多い方が少ない方に渡す「婚費」。夫が妻に渡すケースがほとんどですが中には、「夫が婚費を払ってくれない」と悩む女性もいるようです。

夫が婚費を払わずに悩む女性も多い…
夫が婚費を払わずに悩む女性も多い…

 別居している夫婦のうち、収入の多い方が少ない方に渡す「婚費」。多くの夫婦では、夫が妻に払っていますが、中には、「夫が婚費を払ってくれない」と悩む女性もいます。後編の今回、紹介するのは、“酒乱夫”と危険を感じて実家に戻った妻のケースです。

酒が入ると妻に手を上げる夫

 次に紹介するのは、福岡在住の夫に頭を痛める鈴木麗奈さん(32歳、仮名)。

「長年の心ない言葉や行動から眠れない日が続いて、通院し、薬を飲んでいます。原因は主人のお酒です。飲んで帰ってきた日はもう大変。少しでも気に入らないことがあったら…」

 麗奈さんは涙ながらに声を枯らしますが、夫の酒乱は今に始まったことではありません。料金を払わずにタクシーを降りたので、運転手が自宅まで追いかけてきたのは序の口で、足を踏み外して駅のホームに転落し、複雑粉砕骨折の重傷を負ったり、夜中に全裸で自転車に乗って警察に通報されたりと、お酒の“武勇伝”に事欠かない人物。

「全部、お前らのせいっちゃ! 分かっちょるよな!!」

 ベロンベロンで帰宅した夫は、麗奈さんと娘さん(6歳)を怒鳴りつけると、テーブルの上に並んだ料理を皿ごと投げ捨てるだけでなく、麗奈さんに向かってグラスを投げつけ、キッチンカウンターに置かれた台所用品をはたき落としたそう。麗奈さんは恐怖の余り、娘さんを連れて寝室に逃げ込み、鍵をかけたのですが、夫は暴れるだけ暴れてリビングのソファーで寝入ってしまうので、麗奈さんと娘さんは寝室でおびえて待つしかなかったのです。

 しかし、夫が麗奈さんに手を上げてけがをさせたのは、今回が初めてではなく4回目。さすがに、今回は震える手でスマホを操作し、夫の罵声を録音しておいたそう。そして、破壊された家財や家電、家具などを写真に撮るなど「何かのとき」のために手を打てたのは不幸中の幸いでした。

「このままじゃ殺されると思って、家を出てきました!!」

 今回ばかりは麗奈さんも警察に相談したところ、刑事の勧めもあって実家に戻ってきたそうです。そして、実家近くのスーパーでレジ打ちの仕事を始めたのですが、毎月の収入は7万~8万円ほど。このまま、両親におんぶに抱っこでいるわけにはいかないので、恐る恐る夫にLINEをし、生活費の援助を頼んだのですが…待てど暮らせど「既読」にならず、麗奈さんは途方に暮れてしまったのです。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント