オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

男性も国民的美魔女に!? フラダンスが「エクササイズ」に効果抜群な理由

太ももやお尻、体幹のエクササイズに

 フラの基本はステップと「ハンドモーション」と呼ばれる手の動き。歌詞の内容に合わせて振り付けが決められます。

 たとえば歌詞に花が出てきた場合、指をすぼめて花に似た形を作るなど体全体を使って表現するため、心を込めて踊りやすいのがフラの特徴。「ストイックな筋トレが苦手な人でも、楽しみながら体を動かせるのではないでしょうか」。ハワイ語も覚えられて、頭の体操にもなりそうです。

 フラ教室では生徒の年齢に合わせて、曲や振り付けを工夫して教えるため、高齢者でも続けやすいとか。「私が通っている教室では70~80代の方も素敵に踊っています」。

 腰を盛んに動かすフラ。おなか周りのダイエットにつながるのでしょうか。花村さんによると、あまり効果は期待できないといいます。

 ただし「エクササイズ」としてのフラは効果抜群だそう。フラのステップの基本である「膝を緩め、体重を左右に預けながら低い姿勢をキープすること」はとても優雅に見えますが、実はかなり脚力を使っているとのこと。知らないうちに太ももやお尻、体幹が鍛えられるといいます。

 花村さんは「フラを続けることで、年齢を重ねてからの筋力に差が出るのでは」と話します。男性は女性よりも振り付けが力強いため、「マッチョとまでは行きませんが、レッスンを重ねるうちに自然と筋力がアップすると思います」。

1 2 3

花村あづさ(はなむら・あづさ)

フリーアナウンサー、ナレーター

東京女子大学卒業。2000年4月富山県のチューリップテレビ(TBS系列)にアナウンサーとして入社。「ニュースの森とやま」「チョイス!」のお天気キャスターやリポーター、ナビゲーター、TBS「EXPRESS」「おはようグッデイ」「ウォッチ!」のレギュラー中継リポーターとして活躍した。2003年9月に退社後は、フリーアナウンサーとしてナレーターやリポーター、イベント司会など幅広く活動している。趣味・特技はフラダンス、うさぎ、韓国語、英会話、インタビュー、アロハ検定3級など。

コメント