オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • B型夫は自己中でかんしゃく持ち…A型妻が離婚するために実践した“傾向と対策”(下)

B型夫は自己中でかんしゃく持ち…A型妻が離婚するために実践した“傾向と対策”(下)

夫や妻との離婚を考える人にとって「血液型別の傾向と対策」を知ることは、トラブルの「未然防止」「早期解決」「被害減少」につながると筆者は主張します。A型妻とB型夫のケースから考えます。

うまく離婚するには、血液型別の対策を練るべき?
うまく離婚するには、血液型別の対策を練るべき?

 自分の思い通りにいかないことがあると、かんしゃくを起こす36歳夫と、几帳面で極度の心配性の32歳妻のエピソード。後編の今回は、そんな夫を見限った妻が、ついに離婚を決断します。

夫の就寝中にスマホロックを解除

「こんなときでも『夫婦なら助け合う』という気持ちにならないなんて…私のことなんてお構いなし。自分のことしか考えていないんだなって。あの人の考え方に付いていけなくなりました」

 智恵さんはついに離婚を決断したのですが、B型の夫は他人のことは褒めないくせに、自分のことは褒めてほしいという自己愛の塊。例えば、「俺はこんなに頑張っている! すごいだろ?」と自慢話を始めると止まりません。そこで、すごいと思っていなくても、「すごいね」とおだてるしかないのです。智恵さんは、家庭の平和を保つために、心にもないうそをつき続けたのですが、心にもないことを言うのは苦痛でしかありません。

 そのせいで、夫は智恵さんのことを完全に見下しており、夫にとって耳ざわりなこと、「別れてほしい」と切り出しても、「ふざけるな!」と暴れ散らすのは目に見えています。それもそのはず、夫にとっては飼い犬に手をかまれたようなものだから。

 智恵さんは、夫のせいで悩み、苦しみ、傷ついたと思っていても、夫は「自分のせい」だと思っていないので、事実をありのままに伝えてもうまくいくはずがありません。話が通じない相手と腰を据えて話し合うことが難しいことは、A型で心配性の智恵さんは最初から分かっていました。人生を左右する大事な場面で返り討ちに遭うわけにはいきません。だからこそ、智恵さんは前もって十二分に準備を整えることにしたのです。

「私はA型なので心配事があると眠れなくなります。でも、B型の旦那は隣でぐうぐう寝ているのですが、そのことが功を奏しました」

 智恵さんは夫のスマートフォンに夫の指を押し込み、ロックを解除したのですが、夫は何も気付かずに寝入っていたそうです。そしてメールやメッセンジャー、予定表などのアプリを次々と開いたのですが、LINEの中にいかがわしいやり取りが残っていたのです。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント

2件のコメント

  1. メディアには「B型男性とA型女性の組み合わせを嫌う者達」が多い

  2. B型であることを理由に自己中で癇癪持ち、離婚されて当然という論調で話を進めるのはいかがなものか?この夫は批判されて当然と思うがその行動はB型であるが故との印象を世間に与えるのは失礼ではないか。記事の削除を願う。