オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ケーキ屋のアルバイト体験描く漫画 客の“指差し注文”が困り物で…「分かる」と共感の嵐

【漫画】本編を読む

漫画「ケーキ屋で働いてた話」=まつおるか(@matsuorca524)さん提供
漫画「ケーキ屋で働いてた話」=まつおるか(@matsuorca524)さん提供

この漫画の記事を読む

1 2

コメント

5件のコメント

  1. 私もケーキ屋さんで働いてたから気持ちわかるわーーー。
    「イチゴのケーキ」って注文するお客さんが多いんですけど、ショートケーキなのかイチゴのタルトなのかイチゴのシフォンケーキなのか、分からんのですよ…。
    ケーキの名称を正確に伝えてくれるとありがたい…。

  2. お店側の苦労も分かりますけども、名前の付け方なんとかなりません……?
    「ふわふわクリームの苺と季節のフルーツのシャルロッテ」とか、正直読むの恥ずかしいとか読みづらいとか結構あるので……。がんばって読んだら「フルーツシャルロッテですね」と簡略化されたときも割と恥ずかしい。

  3. 個人店だったから、ショーケースの前(お客様の横)まで出て確認にしたなぁ
    お客様からしたらショーケースの裏側から見えるかどうかなんてわからないだろうし
    文字が小さかったりカタカナだったりすると読むの諦めちゃう人多かったから

  4. 番号つけろ。
    商品名読みたくない。

  5. ケーキ屋で働いてました。
    めっちゃわかります。
    お客さん側の気持ちも、店員の気持ちも。笑
    とくに男性や年配の方には、あのカタカナの長ったらしい商品名が苦手らしく、「このイチゴのピンクのやつ」とか「ショコラなんたか」とか言われましたが、プライドを傷つけないためにも、「イチゴの、ピンク、こちらですね!」と、あえてそのまま承ってました。
    懐かしいなぁー、
    ショーケースを眺めるワクワクキラキラした顔を見ると、ほんとこの仕事で良かったと何度も思いました。。