オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 有給クイズ問題 ジャパンビバレッジがHPで謝罪「あってはならないこと」、制度の存在は否定

有給クイズ問題 ジャパンビバレッジがHPで謝罪「あってはならないこと」、制度の存在は否定

「ジャパンビバレッジホールディングス」の支店長が「クイズに正解しないと有給休暇を取らせない」旨のメールを従業員に送っていたとされる問題で、同社が送信の事実を認める文書を公表しました。

ジャパンビバレッジがHPで公表した文書
ジャパンビバレッジがHPで公表した文書

 自動販売機運営の「ジャパンビバレッジホールディングス」(東京都新宿区)の支店長が「クイズに正解しないと有給休暇を取らせない」旨のメールを従業員に送っていたとされる問題で、同社は8月21日、送信の事実を認める文書をホームページで公表しました。支店長については「厳重注意を行うとともに、今後、会社規定にのっとり適切に処分いたします」としています。

「当社社員による不適切なメールに関する報道について」と題した文章で、支店長へのヒアリングを含めた調査を実施した結果としています。発表によると、支店長は、2016年ごろにメールを送った事実とその内容をおおむね認めたとのことです。

 同社は「有給休暇の取得について、繁忙期には取得時期の調整を行うことがありますが、報道にあるような、クイズに正解しなければ有給休暇の取得ができないといった制度はございません」と制度の存在は否定した上で、「このようなメールを送るという行為はあってはならないことと認識し、厳粛に受け止めており(中略)今後いっそうの改善に注力してまいります」「この度はお騒がせし、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

 従業員宛てのクイズは、15の都内の駅名を売り上げの高い順に並べるというもので、「全問正解で有給チャンス」「不正回答は永久追放」などの文章とともに送られていました。

 オトナンサー編集部の取材に対し、同社担当者は「支店長は東京都内の支店の所属。年齢は40代半ばで、処分については今のところ未定だが、相当な処分になるのではないか」と話しました。

 有給休暇を取らせない、もしくは有給休暇取得で左遷するなどについては「そうした事実は全くない」と否定。この支店長を含め、社内における暴力やパワーハラスメントの存在に関しては「今のところ、調査結果に上がっていない」としています。

(報道チーム)