オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

電車の「席取り」に批判も…高齢者のマナーは悪化しているのか

マナーの悪い高齢者に遭遇したらどうする?

Q.マナーの悪い高齢者に遭遇した際、周囲はどのように対応すべきでしょうか。

川口さん「注意・忠告する、たしなめるといった行為は逆効果です。年齢による上下関係がはっきりあった世代なので、目下の者から言われたくないのでしょう。正論であっても、受け入れてもらえるとは思えません。

理屈や筋が通らない以上、関わらずにいるのがよいでしょうし、関わってしまったらやり過ごすまで待つくらいでしょうか。状況や言い方にもよりますが、マナーの悪い高齢者の側に立って、『お気持ちは分かりますが、周りの皆さんが見ていますよ』などと、自分を客観視してもらうのも手かもしれません」

Q.公共の場での振る舞いについて、高齢者側が意識するべきことや、気をつけるべきことは何でしょうか。

川口さん「健康なまま20年以上にわたる高齢期を過ごすというのは、人類の歴史上初めてのこと。つまり、人生90年、100年時代の高齢者の規範というものはありません。高齢者には、ぜひ『長寿時代の高齢期の生き方』というものを体現してもらいたいと思います。また、同質な人達とばかり付き合わず、普段から世代間の交流ができる場に出ることで、多様な視点を獲得でき、公共の場での振る舞いも変わっていくと思います。

いずれにせよ、一朝一夕に高齢者のマナーが良くなるとは思えません。中高年には、今のマナーの悪い高齢者を反面教師にしていただき、次世代がまた『マナーの悪い高齢者』にならないようにしたいものです」

(ライフスタイルチーム)

1 2 3 4 5

川口雅裕(かわぐち・まさひろ)

NPO法人「老いの工学研究所」理事長

1964年生まれ。京都大学教育学部卒。リクルートグループで人事部門を中心にキャリアを積む。退社後、2012年より高齢者・高齢社会に関する研究活動を開始。高齢社会に関する講演や執筆活動を行うほか、新聞・テレビなどのメディアにも多数取り上げられている。著書に「だから社員が育たない」(労働調査会)、「チームづくりのマネジメント再入門」(メディカ出版)、「速習! 看護管理者のためのフレームワーク思考53」(メディカ出版)、「なりたい老人になろう~65歳から楽しい年のとり方」(Kindle版)など。老いの工学研究所(http://oikohken.or.jp/)。

コメント