オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

“ナメクジ騒動”で個人情報がネット上に掲載 大阪王将、誹謗中傷につながる投稿の自粛呼び掛け

中華料理チェーン「大阪王将 仙台中田店」の従業員の名前などがネット上に掲載され、誹謗(ひぼう)中傷に関する内容が書き込まれているとして、大阪王将が個人の特定につながる情報の投稿を自粛するよう、呼び掛けています。

「大阪王将 仙台中田店」の従業員の個人情報が拡散(大阪王将のホームページより)
「大阪王将 仙台中田店」の従業員の個人情報が拡散(大阪王将のホームページより)

 中華料理チェーン「大阪王将 仙台中田店」に対して、元従業員と名乗る人が「冷蔵庫にナメクジが大量にいる」などとツイッターに投稿したことが連日話題となっています。そんな中、大阪王将(大阪府枚方市)が7月28日、同店従業員の個人情報がネット上に掲載され、誹謗(ひぼう)中傷に関する内容が書き込まれているとして、個人の特定につながる情報の投稿を自粛するよう、呼び掛けました。

名前や住所などが掲載

 連日の騒動について、同社は「お客さまおよび関係者の皆さまに多大なご心配・ご迷惑をおかけしておりますこと、心よりおわび申し上げます。速やかに事実関係の調査および再発防止策などの取りまとめを進めてまいります」とホームページ上で謝罪。

 その上で「現在インターネット上に、大阪王将 仙台中田店の店舗従業員の名前や住所などの個人情報が掲載され、また誹謗中傷の書き込みもなされております。個人を特定するような記載、または誹謗中傷につながる記載はお控えいただきますようお願い申し上げます」と、呼び掛けました。

「大阪王将 仙台中田店」については、元従業員を名乗る人が7月24日、「冷蔵庫にナメクジが大量にいる」「防火管理者と衛生管理者の名前は、店に存在しない人間」などとツイッターに投稿し、同店への批判が殺到しました。

 その後、大阪王将が同月27日、店舗に関する保健所の調査結果を公表。「ナメクジ、そ族昆虫などは見受けられなかったが、湿気の多い季節に外部からの侵入があったことが店舗からも報告があった」と説明し、今後、衛生管理や害虫駆除を徹底するとしました。

(オトナンサー編集部)

【保健所からの調査報告書、全文!】「ナメクジ大量にいる」と告発された店が「猫の飼育」? 明白になった事実がすごい!

画像ギャラリー

コメント