オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

9人体制の法人警護で暴力団員と対峙…緊迫の応接室〜実録・ボディーガード体験談

ドラマや映画でよく描かれるものの、実際はあまり知られていない「ボディーガード」の仕事。現役のボディーガードが、ある会社役員を警護した際の“緊迫の対峙”を語ります。

法人警護の現場で起こった“緊張の瞬間”…
法人警護の現場で起こった“緊張の瞬間”…

 ボディーガードを依頼するクライアントというと、政財界の大物を連想する人が多いでしょう。実際に、法人役員の警護は需要の多い案件の一つです。

 今回は、ある会社役員の警護での出来事を、現役ボディーガードのK氏に伺いました。(関係者の情報保護への配慮から、内容に一部アレンジを加えています)

1日あたり「9人体制」の大規模な警護

 近年は相続トラブルなど、個人からの警護依頼が急増しています。とはいえ、法人からのご依頼は、いまだ過半数を占めます。今回はその中から、私が十数年前に扱った、典型的な法人のご依頼の事例をお話しします。

 ある都市に、公営競技(公営ギャンブル)の施設を造る計画がありました。大規模な計画なので、地元でさまざまな企業と強力なコネクションを持つA社が中心となり、進行していました。そのA社が、今回のクライアントです。

 当時はこういった事業を進める場合、暴力団が黙っていることはありません。彼らとしては大きな利権が期待できるので、当然でしょう。そんな背景があり、いくつかの組織(暴力団)がA社に接触してきたのです。

 かみ砕いて説明すると…まず、Xという組織が「断りなく商売を始める気か!」と脅してくる。Yという別組織も、「ワシらも絡ませろや」とプレッシャーをかけてくる。さらに、Zという組織が「お困りのようだから、XとYに話をつけてあげましょう」と近づいてくる――といった具合です。ちなみにX、Y、Zは裏でつながっています。3者で山分けを狙っているのです。

 当時は、暴力団対策法の施行から既に10年以上が経過しており、企業から暴力団への利益供与は社会問題として認識されていました。そのため当然、警察にも相談しています。しかし、この時点では犯罪の要件を満たす被害は受けておらず、警察が動きにくい段階でした。そんな理由から、われわれに依頼が来たのです。

 その現場は、1日あたりのボディーガードが9人体制という、国内ではかなり大規模なものでしたが、メインはA社の会長、社長、専務それぞれの警護です。また、それぞれの自宅にも24時間体制で警護を配置していました。私の担当は会長でしたが、完全に人手不足だったので、各所の穴埋めにも入っていました。

1 2 3 4

加藤一統(かとう・たかのり)

一般社団法人暴犯被害相談センター代表理事

1995年より身辺警備(ボディーガード)に従事し、これまで900件以上の警護依頼を請け負う。業界歴26年。現在は、優良なボディーガード会社や探偵会社を探すユーザーに向けた無料紹介所「ボデタンナビ」を主宰。紹介だけでなく、企業のセキュリティーから家庭の防犯まで、網羅的な質問にも答えている。護身・防犯用品の設計企画を行う「タカディフェンスデザイン」も運営。ボデタンナビ(https://bhsc.or.jp/)、タカディフェンスデザイン(https://www.t-d-design.com)、公式ツイッター(https://twitter.com/bodetan)。

コメント