オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • エンタメ
  • 山下達郎さん「大声で歌う客は迷惑」発言にネットで賛否、マナーコンサルタントの見解は?

山下達郎さん「大声で歌う客は迷惑」発言にネットで賛否、マナーコンサルタントの見解は?

山下達郎さんが、自身のコンサートで大声で歌う客について「迷惑」と話したことが話題となりました。SNS上では賛否両論が飛び交っていますが、「マナーのプロ」の見解とはどのようなものでしょうか。

コンサートで観客に求められる心構えとは

 シンガー・ソングライターの山下達郎さんが、9月17日放送のラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」に出演。自身のコンサートに来て、大声で熱唱する客について「一番迷惑。あなたの歌を聞きに来ているのではない」と話したことがネット上を中心に大きな話題となりました。

 山下さんは、盛り上がる場面でついつい大声で合唱してしまい、妻のひんしゅくを買っているというリスナーの相談について「ダメです」と一刀両断。先の言葉とともに「自分の隣にそういうオジサンがいたら私は言います」としました。

 これを受けて、SNS上では「ライブや曲のタイプによりますよね」「達郎さんの場合は、大きな声で歌うより、聴いた方がいい」など、さまざまな意見が飛び交っています。

 山下さんに限らず、音楽コンサートにおける観客の態度はどうあるべきなのでしょうか。オトナンサー編集部では、企業や大学などで人財育成や接待・会食などのマナー指導を行い、新著「かつてない結果を導く 超『接待』術」など国内外で70冊以上のマナー本があるマナーコンサルタントの西出ひろ子さんに聞きました。

大切にしたい「TPPPO」の観点とは

Q.今回、山下さんが示した見解についてどのようにお感じですか。

西出さん「相手の立場に立つというマナーの観点からすると、山下さんも含めて考え方は人それぞれなので、山下さんの今回の発言も尊重されてしかるべきでしょう」

Q.コンサートでは、盛り上がって大きな声で歌うこともしばしばですが、それが迷惑になることもあります。どのように振る舞うのがよいのでしょうか。

西出さん「お金を払っている以上、好きに楽しみたいお客さんの気持ちも分かりますが、マナーは『TPPPO』(Time=時、Place=場所、Person=人・相手、Position=立場、Occasion=場合)の観点が大切です。アーティストが一緒に歌ってほしくない場合は歌わない、みんなで一緒に歌おうという場合は歌うのがよいでしょう」

1 2

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など国内外で70冊以上。最新刊「かつてない結果を導く 超『接待』術」(青春出版社)が2017年8月25日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。