オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 「エッグベネディクト」の基本レシピ&ヘルシーなアレンジ方法

「エッグベネディクト」の基本レシピ&ヘルシーなアレンジ方法

カフェやホテルの朝食でおなじみになった「エッグベネディクト」。ここでは、その基本的な作り方と、カロリーや栄養が気になる方のための簡単アレンジ方法をご紹介します。エッグベネディクトでヘルシーな朝を迎えましょう。

「エッグベネディクト」でヘルシーな朝を

エッグベネディクトとは

 ハワイグルメブームによって一躍有名になった「エッグベネディクト」。日本でも、おしゃれなカフェやホテルの朝食で食べられるようになったことから、「休日のブランチに自分で作ってみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。エッグベネディクトのとろりとしたソースは高カロリーのイメージがありますが、ちょっとした工夫でバランスの取れたヘルシーな朝食に生まれ変わります。

 今回は、おしゃれで栄養バランスの取れた、ヘルシーなエッグベネディクトの作り方について、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きます。

 そもそも、エッグベネディクトは、半分に切ったイングリッシュマフィンをトーストし、そこにソテーしたハムやベーコン、ポーチドエッグを乗せ、バターと卵黄、レモン果汁で作った「オランデーズソース」をかけたオープンサンド風の料理です。諸説ありますが、100年以上前に米ニューヨークで誕生したとされています。

 イングリッシュマフィンはトウモロコシの粉であるコーンミールがまぶされているパン。一度に食べる量で比較すると、イングリッシュマフィン1/2個(25グラム)のカロリーと脂質量は食パン1枚(6枚切り60グラム)の約1/3です。また、エッグベネディクトの主役である卵は良質なタンパク質の代表格。タンパク質が不足すると体調を崩しやすくなるほか、肌や髪の乾燥など美容面にも影響があるため、卵は毎日摂取したい食材です。

 エッグベネディクトに欠かせないオランデーズソースはバターと卵黄、レモン果汁をマヨネーズのようにクリーミーな状態になるまで混ぜ、塩とこしょうで味を整えて作ります。1人分50グラムのバターを使うのが一般的な作り方ですが、家庭で手作りする時はできるだけカロリーを抑えて作るのがオススメです。

1 2 3 4 5

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。