オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

他人のセーターの毛玉を…障害者が悪気ない行動で“犯罪者”にならないために

障害のある人の悪気のない行動が時として、誤解を招いてしまうことがあります。どのようにすれば防げるのでしょうか。

ガラガラの車内で女性の隣に…
ガラガラの車内で女性の隣に…

 あなたが毛糸のセーターを着て電車に乗っていたとき、隣に座った男性がセーターの毛玉をつまみ始めたらどうしますか。多くの人は席を移動するか、あなたが女性であれば、「痴漢です!」と助けを求めるでしょう。障害者の悪気のない行動が誤解を招き、「犯罪者」にされかねないケースについて、私が見聞きしてきたことをお話しします。

「不審者」と間違われ、通報も

【ケース1:毛玉】

特別支援学校で、保護者と警察の交流会があったときのことです。ある母親が「息子は毛玉にこだわりがあり、隣に座っている女性のセーターに毛玉が付いていたら取ろうとすると思います。痴漢扱いされて、逮捕される可能性はあるのでしょうか」と質問しました。

警察官は「あくまでも『相手が嫌な思いをした』なら、障害児であっても逮捕される可能性はあります。犯意(その行為が犯罪となることを知りながら、行おうとする意思)があったかどうかが焦点となりますが『障害があるから、絶対に逮捕されない』ということはありません」と答えました。

【ケース2:バス】

普段、特別支援学校高等部のスクールバスに乗るとき、「奥から順番に座りましょう」「座席は詰めて座りましょう」と教えられていた男子生徒が公共のバスに乗ったときのこと。車内はすいていて、乗客はわずか3人でした。

しかし、彼は学校で教えられてきたルールを厳守して、女性の横にピタッと座ったのです。空席がたくさんあるのに見知らぬ男性が隣に座ってきたので、女性は恐怖を感じたのか、逃げ出したそうです。

【ケース3:気になるロゴ】

自閉症児である息子は幼い頃、『コーチ(COACH)』のバッグのロゴに執着していました。私がコーチのバッグを持っていたわけではありません。どこかで見て、興味を持ったようです。

ある日、電車内でコーチのバッグを持っている女性を見たとき、息子はロゴをペタッと触りに行きました。当時は幼かったので、特に問題になりませんでした。幸い、現在はそのこだわりは消えましたが、もし、成人した今もこれが続いていたら、すりと間違われて通報されるでしょう。

【ケース4:ボール】

知り合いに25歳の自閉症の青年がいます。その彼の話です。公園に行ったときのこと。彼の足元にボールが転がってきたので、拾って、幼い子に渡しました。「人に会ったらあいさつしましょう」としつけられていたこと、そして、「遊びたい」という気持ちもあったのか、ボールを渡した後、笑いながら幼児に「一緒に遊ぼうよ」と声を掛けました。幼児の母親は「不審者だ」と思い、警察に通報しました。

本人に悪意がなくても、見知らぬ子どもにむやみに声を掛ける行為は誤解を招く可能性があります。このような行動をする人を見かけたら、「不審者だ」と思い、通報するのが今では自然な流れだと思います。

 私は息子に「悪いことをしたら、お巡りさんに捕まるよ」などと話して、しつけたことはないのですが、身近なところでこうしたことが起こっているのを息子は知っています。警察を「市民を守ってくれる存在」とは思っておらず、「僕を逮捕しにくる怖い存在」と思っているようです。街中でパトカーを見ると身をこわばらせます。

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント