オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • 大切なのは心! 接待や会食で「中国料理店」を利用する時のマナー

大切なのは心! 接待や会食で「中国料理店」を利用する時のマナー

ビジネスに欠かせない接待や会食は和洋中のさまざまなお店を利用します。それらの席はプライベートとは違い、気をつけるべきポイントがありますが、今回は和洋中の「中」、中国料理店を利用する際のマナーを解説します。

中国料理は接待の席でもよく食べられる

 ビジネスシーンでは、和洋中のさまざまなお店で社内外の人と会食をする機会がありますが、プライベートとの違いは、料理の食べ方や席次に注意しなければならない点でしょう。今回は「中国料理店」で接待や会食をする際のマナーについて専門家に聞きます。

 教えていただくのは、企業などで人財育成や接待・会食などのマナー指導を行い、新著「かつてない結果を導く 超『接待』術」など国内外で70冊以上のマナー本があるマナーコンサルタントの西出ひろ子さんです。

「中華料理店」でなく「中国料理店」

「日本ではよく中華料理という言葉を耳にしますが、接待や会食で利用すべきなのは、中華料理店よりも一般的に高級な中国料理店。中華料理店は日本人好みにアレンジされたラーメンやチャーハンなど、気楽に食べられるメニューがメインですが、中国料理店は北京ダックやフカヒレなどの高級食材を使用したメニューが豊富で、個室も充実しています」(西出さん)

 中国料理店を利用する際に気になるのが、円卓の席次と回し台の使い方です。

 西出さんによると、そもそも円卓は大人数でもお互いの顔を見ながら、堅苦しさを感じることなく食事と会話ができるため、親睦を深める意味合いの接待や会食などの席に最適。円形は「調和」を連想させ「縁(えん)」につながるとも言われます。

 それでは、円卓における席次はどのようなものでしょうか。

「一般的に、中国料理を囲んだ円卓の席次は、出入り口から最も離れた席が最上位の上座(部屋の造りや絵画、景色などによって異なることも)。以降、上座の人から見て左隣が2番目、右隣が3番目で、それを左右交互に繰り返します。回し台は上座の人から時計回りに回すのがマナーです」

 しかし、これだと、席次3番目の人が一番最後に料理を取ることになってしまいます。

「接待では、コース料理をオーダーすることが多いと思いますが、その場合はたいてい、お店の人が料理を小皿に取り分けて各自の前に置いてくれます。しかし、そうでない場合は最後の人が取り終えるまで料理を食べないのがマナーです」

1 2

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など国内外で70冊以上。最新刊「かつてない結果を導く 超『接待』術」(青春出版社)が2017年8月25日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。