オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

きょう「マーガリンの日」 バターとの違いや代替可能性、向いている用途は?

パンに塗る際など、バター同様に使われることの多い「マーガリン」ですが、料理でも同じように使えるのでしょうか。料理研究家に聞きました。

マーガリン(左)とバターの違いは?
マーガリン(左)とバターの違いは?

 10月24日は「マーガリンの日」です。マーガリンの生みの親であるフランス人の誕生日にちなんだ日とのことですが、日本では、マーガリンのことをバターと混同している家庭もあるようで、SNS上には「バターを買ってきてと妻に言われて、バターを買って家に帰ったら、『これじゃない。うちのはこれでしょ!』とマーガリンを見せられた」という投稿もあります。

 マーガリンはバターの代わりにパンに塗る人は多いと思いますが、料理を作る際もバターとまったく同じように使えるのでしょうか。料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

マーガリンは植物性脂肪から

Q.バターとマーガリンの違いを教えてください。原料などについてお願いします。

関口さん「バターとマーガリンの大きな違いは原料、製法です。バターは牛乳由来の動物性脂肪を原料としており、牛乳からクリームを分離して攪拌(かくはん)することで乳脂肪を凝集させた天然の固形油脂です。一方、マーガリンは大豆油や綿実油(めんじつゆ)、コーン油などの植物性脂肪からつくられています。植物性脂肪に乳化剤や香料を加え、水素を添加するなどして人工的に固形化させたものです」

Q.カロリーなど栄養面の違いも教えてください。

関口さん「1食あたりの分量10グラムで比較すると、カロリーはバターが76.3キロカロリー、マーガリンは低脂肪タイプのものを含め63.5~76.9キロカロリーと商品のタイプによって幅があります。栄養的には、バターには牛乳由来のビタミンAが含まれる一方、マーガリンは植物油由来のビタミンEを含むほか、ビタミンAを添加した商品もあります。コレステロールはバターが21ミリグラム、マーガリンは0.1ミリグラムとバターの方がかなり多くなっています。

マーガリンをはじめ、『ファットスプレッド』や『ショートニング』といった、水素添加で固めた油脂は『トランス脂肪酸』が製造過程でできることで、過剰摂取による健康への影響が懸念されています。しかし、最近では、各社製品でトランス脂肪酸の低減化が進んでいるようです」

Q.マーガリンをバターの代わりに使って料理を作った場合、同じように仕上げられるのでしょうか。

関口さん「バターの代わりにマーガリンを料理に使うことは可能です。例えば、ホワイトソースの場合、見た目は同じように仕上げることができます。ただし、バターが持つ風味やコクはマーガリンでは出せません。もっとも、軽い仕上がりが好みであれば、マーガリンでのホワイトソース作りも全く問題ないでしょう」

Q.マーガリンが向く用途、向かない用途を教えてください。また、向かない用途の際に風味などをカバーする方法があればお願いします。

関口さん「マーガリンは元々、バターの代替品として開発されましたが、今や単なる代替品ではありません。お菓子やパンの製造で幅広く使われており、サクサク感、ふんわり感など食感のよさを生み出したり、素材の持ち味を生かした仕上がりにするために使ったりと重宝されています。

一方で、濃厚な香りが求められる料理や用途、例えば、バターソースやお菓子の香り付け、あるいはコクのあるリッチな味わいに仕上げたい料理にはマーガリンは適しておらず、やはり、バターを使うことをおすすめします。

それでも、バター向きのものにマーガリンを使いたい場合には、例えば、お菓子であればバニラの香りを付けるとか、卵、生クリーム、チーズを活用して風味やコクを補うといった工夫もできます」

Q.マーガリンのメリットを教えてください。

関口さん「値段がバターより安く、供給が安定していることです。バターは牛乳の生産量の減少などで価格が高騰したり、供給量が不足したりすることがあります。また、コレステロールを気にしている人には、バターに比べて断然コレステロールが低いマーガリンがおすすめです。酸化防止効果のあるビタミンEが含まれている点も、家庭で使う際には安心だと思います。冷蔵庫に入れても固くならず、朝食のパンに塗る際など使い勝手がよいのもマーガリンのメリットです」

Q.逆に「この用途はバターの方がいい」というものがあれば教えてください。

関口さん「先述した通り、バターは特有の風味が味付けの要になる場合が多く、ラーメンに加えたり、料理の仕上げにプラスしたりすることで豊かな味わいが生み出せます。フランス料理では、ソースのつなぎに冷たいバターを入れて乳化させるという使い方もあります」

Q.バターとマーガリンを混同している人は意外と多いようです。

関口さん「バターとマーガリンは用途が似ているため、マーガリンをバターの代替と捉えている人は多いと思います。価格も安く使い勝手がよい、植物性で健康的とのイメージで、あえて、マーガリン派も存在するのではないかと思います。特に使い切りのポーションタイプだと区別がつかないものもあり、境界は曖昧になりやすいと思います。

これまで述べたように、バターは濃厚な味わいと豊かな風味、口溶けのよさが最大の魅力です。一方、マーガリンは軽めの口当たりと主張が少なく、あっさりとした味わいが持ち味です。お好みで使い分けるとよいでしょう」

(オトナンサー編集部)

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug

管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン

コメント