オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

コロナで軒並み中止 「ロックフェス」は新しい形を模索できるか

新型コロナウイルスの拡大で、夏場を中心に多くの観客を集める「ロックフェス」が軒並み中止に追い込まれています。その影響について解説します。

フェス会場でキャンプをする観客も多い
フェス会場でキャンプをする観客も多い

 新型コロナウイルス感染防止のため、ライブエンターテインメント業界は2月、営業停止状態に入りました。緊急事態宣言が5月25日に全面解除され、プロ野球やサッカーJリーグが観客を入れた興行を始めた後も、同業界は本格的な再開には遠い状況です。

 有料のオンラインライブ開催など試行錯誤が続いていますが、夏場を中心に多くの観客を集める「ロックフェス」は軒並み中止に追い込まれました。その影響は音楽業界だけでなく、地域経済にも及びます。

 ロックフェス中止の影響と今後の在り方について、音楽イベントやスポーツが地域経済に与える影響を研究してきた筆者がお話しします。

経済波及効果は150億円超

 新潟県の苗場スキー場で毎年開催されている「FUJI ROCK FESTIVAL(通称『フジロック』)」の経済波及効果について、筆者は2015年に現地調査を行い、151億円という経済波及効果を確認しました。

 2015年のフジロックはステージ数12、出演アーティスト214組。チケット価格は一般前売り券が3日通し券3万9800円(税込み)、1日券1万6800円(同)で、前夜祭を含む4日間の延べ動員人数は約11万5000人でした。

 チケット売り上げだけでも10億円を超えますが、151億円の90%以上は、ロックフェス自体の売り上げ以外の経済活動によるものです。フジロックは会場内でキャンプができますが、近くのホテルや民宿に泊まる来場者も多く、夏場は閑散期となる苗場スキー場周辺の宿泊施設にとって重要な催しものとなっています。

 フジロックを満喫するためには、靴をはじめとしたアウトドア衣料や椅子、キャンプ用品なども必要です。会場までの交通費や駅から会場までのシャトルバスの運行費、スタッフが準備のため苗場に滞在する際の費用など、関連して発生するものは多岐にわたります。これが経済波及効果額の90%以上になります。

中止・延期の中、オンライン開催も

 開催地にとって、大事な観光収入源となっているロックフェスですが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止や延期が相次いでいます。例年なら、茨城県ひたちなか市で開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は中止、「SUMER SONIC」に代えて開催予定だった「SUPERSONIC」も2021年へ開催延期となりました。

 そんな中、オンラインでの開催へ移行する例が増えています。

 毎年、ゴールデンウイークにさいたまスーパーアリーナで開催される「VIVA LA ROCK」は7月31日~8月2日、オンラインで有料開催。先述したフジロックは8月21~23日、過去の映像を中心に編成した特別番組をYouTubeで配信。毎年、山梨県で開催されてきた「SWEET LOVE SHOWER」はオンラインイベントを、8月29日は無料、30日は一般3000円で配信する予定です。

 毎年、北海道石狩市で開かれ、「日本の四大ロックフェス」の一つとされる「RISING SUN ROCK FESTIVAL(RSR)」も8月15、16日に無料で7時間以上の番組をYouTubeで配信。怒髪天の増子直純さんらがMCを務め、過去21年間のLIVE映像ではB’z、矢沢永吉さん、井上陽水さんらの50曲以上を配信し、本来のフェスと同じように16日朝5時13分、石狩の日の出を中継して終了しました。同時視聴者は13万人を超えました。

 ロックフェスを無料オンライン配信に移行した意図や今後の展望について、RSRの主催者「ウエス」常務の若林良三さんに聞きました。

1 2

江頭満正(えとう・みつまさ)

尚美学園大学准教授

2000年、「クラフトマックス」代表取締役としてプロ野球携帯公式サイト事業を開始し、2002年、7球団と契約。2006年、事業を売却してスポーツ経営学研究者に。2009年、尚美学園大学教員となり、現在に至る。

コメント