オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ちぎっちゃダメ! セーターの「毛玉」をきれいに取る方法

台所用スポンジや毛玉取り機で

 そこで、田村さんが紹介してくれたのは以下の方法です。

【台所用スポンジを使う】

 台所用スポンジの硬い面で、優しくこすって毛玉の周辺を優しく削ります。取れた毛玉はガムテープなどで取ります。

【毛玉取り機を使う】

 安いものでは1000円程度から販売されています。機能は電動カミソリとほぼ同じ。やりすぎると生地や糸が薄くなってしまうため、注意が必要です。

【カミソリを使う】

 毛玉の周りを手できちんと押さえながら、服の網目の方向に沿って丁寧に剃ると、毛玉以外の繊維を引っ張り出すことなく、毛玉だけをきれいに取り除くことができます。

 ただし剃りすぎて生地や糸が薄くなったり、シワになった部分に刃を当てて繊維を切ったりしないよう注意が必要です。テクニックが必要なため、素人にはあまりオススメできないとのこと。

「毛玉の除去はプロでも苦労します。毛玉はどのような洋服でも必ずできますが、着た後にブラッシングをすると、絡んで毛玉になりつつある毛羽がほぐれ、発生を抑えることができます」(田村さん)

(オトナンサー編集部)

1 2

田村嘉浩(たむら・よしひろ)

三共クリーニング社長

東京・旗の台で1927年から続く三共クリーニングの3代目社長として、テレビや雑誌など各種メディアで活躍する。クリーニング技術を研究する、NPO法人「日本繊維商品めんてなんす研究会」事務局長も務める。お客さまのファッションケアに関する難問を解決するため、洗濯・クリーニングに関する相談などを受け付け、広くクリーニング技術の啓蒙に力を注いでいる。三共クリーニング(http://www.sankyo-c.com/)。

コメント