オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • 今さら聞けない! ナイフとフォークの正しい使い方

今さら聞けない! ナイフとフォークの正しい使い方

普段の食事を箸で食べることの多い日本人は、ナイフとフォークの使い方やルールにあまり詳しくないかもしれません。しかし、正しいマナーを身につけることは、食事を共にする人やお店の人への“配慮”につながるようです。

ナイフとフォークの正しいマナーとは

 レストランで洋食を注文すると出てくる、ナイフとフォーク。しかし、箸で食べることに慣れた日本人のこと、右手にナイフ、左手にフォークを持っても、何となくぎこちない動きをしてしまう人も少なくないはずです。

 オトナンサー編集部では、NHK大河ドラマをはじめドラマや映画のマナー指導を務め、最新刊「運のいい人のマナー」など累計100万部以上のマナーに関する著書がある、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんに、「ナイフとフォークのマナー」を聞きました。

テーブルマナーのルーツは英国に

 まず西出さんによると、現在「テーブルマナー」として完成を見ているものは、英国でスタートしたものとされています。その後、スタイルが多少異なる「フランス式」「米国式」などが誕生しました。

 それではナイフとフォークの使い方です。

 英国式とフランス式では、肉などを左端から一口大に切り、切った分だけを、左手に持ったフォークで口に運びます。一方、左端から料理を切り、一度ナイフを置き、左手に持っているフォークを右手に持ち替えて食べる方法もあります。これは「ジグザグ・イーティング」、一般には米国式といわれ、国際的にも認められているスタイルです。

「ただし晩さん会などフォーマルな場面では、持ち替えないほうが無難かもしれません。周囲の食べ方に合わせたスタイルで食べることがマナーの本質です」(西出さん)

 またフォークの背を上にして食べるスタイルを多く見かけますが、近代では、「食べにくいものはフォークの腹を使ってよいとされています」(西出さん)。

1 2

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など国内外で70冊以上。最新刊「かつてない結果を導く 超『接待』術」(青春出版社)が2017年8月25日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。