• HOME
  • マネー
  • ASKA容疑者と清原和博、おカネで見る栄光の“その後”

ASKA容疑者と清原和博、おカネで見る栄光の“その後”

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者と執行猶予中の清原和博氏。若くして栄光を極めた二人が、覚醒剤に手を出してしまったのはなぜでしょうか。“おカネ”の観点から読み取ります。

成功した人がクスリに走るのはなぜなのか…

「いけないとわかっていてもクスリに手を出してしまう気持ちはわかる。若い時に何千、何万人の前で浴びる喝采。自分の一挙手一投足を羨望の目で数万人が見ている。あの時の快感を経験した人間には、その後の人生は長すぎる」

 知人の舞台俳優の言葉には、若くして注目された人間の悲哀が含まれています。先日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者と、現在執行猶予中の清原和博氏――。若くして栄光を極めた二人が、人生のピークが過ぎた後の寂しさやプレッシャーから逃れようと、覚醒剤に手を出してしまったことは想像にかたくありません。

 若くして成功した人間の「その後」についてファイナンシャルプランナー(FP)の筆者が“おカネ”の面から考えたいと思います。

キーワードは「税金」と「派手な生活」

 ミュージシャンやプロスポーツ選手の成功には、おカネがついてきます。彼ら彼女らは若くして大金を手にしますが、その後、数年で困窮する人も少なくありません。一般論として高収入の時期はそう長くは続かないため、ピークの後に備えて貯蓄をしておく必要がありますが、これが意外と難しいのです。

 その要因は「税金」「派手な生活」の2つで両者は密接に関係しています。よく「野球選手や芸能人の年収の半分は税金」と言われますがこれは真実です。日本の所得税と住民税の最高税率は55%(所得税45%、住民税10%)。しかし、これがまるまる年収にかかるわけではなく、個人事業主扱いであるプロスポーツ選手やミュージシャンは年収から経費を差し引いて、残った部分に課税されます。

 たとえば年収3億円の場合、経費を2000万円とすると残りの2億8000万円に税金がかかる計算(2億8000万円×55%=1億5400万円)。つまり、年収3億円に対して半分が税金なのです(簡略化のため各種控除は考慮せず)。私たち一般人は「それでもすごいおカネが残るじゃないか」と思うかもしれませんが、年収の半分も税金で取られるのは本人としては嫌なものでしょう。

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。