オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ニラと思って「スイセン」を食べ…各地で食中毒が報告、どうやって区別する?

素人が育てたニラはスイセンに酷似

 消費者庁は3月27日の長官記者会見で、スイセンとニラの間違いなどについて注意喚起していました。消費者安全課の担当者に聞きました。

Q.注意喚起をした狙いは。

担当者「毎月1回、長官会見の場を使って、食品安全に関する注意喚起をしています。今回は、例年春先に有毒植物の誤認が発生するため、注意を呼びかけました」

Q.スイセンとニラを区別するポイントは。

担当者「『売られているニラと、庭に生えているスイセンは見た目が違う』という声がありますが、スーパーなどで売られているニラは、立派なニラです。葉の伸び具合やそろい方、農家の人たちの技術があって、立派な状態で束になっています。

素人が育てたニラや自生しているニラは、スイセンと非常に似ており、見た目だけでは区別は難しいです。ちぎって匂いをかいで、ニラの匂いがしなければ危ないと思って、食べないようにしてください」

Q.スイセンの花が咲けば区別がつきそうですが、食中毒の報告が多い時期は。

担当者「3月から5月にかけて、報告が多いです」

Q.三重県の事例では、畑でニラを育てていて、スイセンも生えていたそうです。スイセンとニラが混在して育つことは珍しくないのでしょうか。

担当者「状況がよく分かりませんが、家庭菜園などでは、だんだん根が広がってきて、境界線がぼやけることはあると思います」

Q.ほかにもこの時期、注意すべき植物はありますか。

担当者「ギョウジャニンニクと、毒性のあるイヌサフランも、よく似ているので注意が必要です。ニラとスイセンもそうですが、確実に判断できない場合には『採らない、食べない、売らない、人にあげない』ことを徹底してください」

 厚生労働省の公表資料によると、スイセンを誤って食べたことによる食中毒は、2008~17年の10年間で47件報告があり、167人が発症、1人が亡くなっています。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント